平成サバイブ 第〇話「プロローグ」

平成サバイブ

もし「どうしてサラリーマンになるの?」と聞かれたら、答えられる自信はない。

学校を卒業したら就職し、入った会社で与えられた一生懸命仕事をする。その会社でキャリアを積み、それなりに出世、定年退職を迎える。その間に恋愛、結婚して家を買い、子育てに苦戦をしながらも、つつましく幸せな生活を送る。

誰かに聞いたの人生を送ることに疑問を抱いていた。

だけど、特にやりたいことはなく、何も考えていなかった。だから、周りの大人のいう通りにサラリーマンになることにした。本当は、夢を追いかけ、フリーターという選択をした仲間のように自由に生きたかった。ただ、夢を追いかけ、リスクを背負い、不安定な生活を送る勇気と根性がなかった。

周りの人間は「就職難の時代に大手企業に就職できた『勝ち組』だ」と祝ってくれた。でも、褒められれば、褒められるほどになる・・・

本当は、安定した収入を得るために夢をあきらめた『負け組』。楽しさと引き換えに安定を求めてしまった。

(俺の人生は終わったな・・・。社会人になったら楽しみなんてなく、ただただ老けていくんだ・・・)

---

二〇〇〇年四月。
就職氷河期と呼ばれていた時代。

大手企業のグループ会社合同入社式の会場の前には、新生活に胸を膨らませ、期待と不安を抱えた若者たちが続々と集まっていた。

会場の目の前の喫煙所の端で、集まる若者たちを冷めた目で見ている男がいた。ネクタイを緩め、だらしなくスーツを着崩している。金色に染められ、パーマでボリュームを加えられた髪の毛が、顔全体を覆っている。

この男・・・『ひらめ』

派手な格好をしているが、内心はビビりはじめていた。社会人としての常識を身につけている同期の人間と自分の違いにあせっている。金髪頭、緩んだネクタイ、腰履きのスーツ・・・全てがガキくさい。

かなり前から会場に集まる新入社員たちを観察しているが同じの人間がいない。

(落ち着け。俺は俺だよ・・・。周りに合わせることなんてない・・・。同じ人間が必ずいる・・・よね?)

あせる気持ちをひた隠し、自分に自信を持つように言い聞かせていた。

ハイライトをくわえ、落ち着いている男を演じているが、心臓はバクバクとしている。

(もし、俺以外の人間がみんな同じ格好をしていたら、スーパー目立つバカじゃん・・・)

血眼になって、同類の人間を探す。しかし、直ぐにひらめは、数人の女子たちと談笑をしながら、歩くショートカットの娘に目を奪われた。

(かわいい・・・)

ひらめの視線に気づいたのか、ショートカットの娘は、足を止めて大きな目でにらみ返す。その娘の眼力に負け、ひらめは思わず視線をそらした。

何食わぬ顔でタバコを揉み消し、ネクタイを締め直し入社式の会場に入場する。

(東京のオンナは怖い・・・)

ひらめの新しい生活が始まった。

これまでは時間的余裕があり、大きな責任もなく、ただただ楽しんでいた。そんな学生生活に別れを告げ、サラリーマンとしての新生活。

---

初出社の朝。

会社の最寄り駅からの道のりは、黒っぽいスーツ姿の男性がアリの行列みたいに歩いていく。

(はははは。めっちゃ目立つね。この頭は・・・)

入社式では、同じタイプの人間を見つけることができなかったが、もしかしたら弾けた先輩がいるかも・・・という、ひらめの淡い期待はもろく崩れ去った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました