平成サバイブ 第〇話「プロローグ」

平成サバイブ

もし、「どうしてサラリーマンになるの?」と聞かれたら、答えられる自信がない。

学校を卒業したら、就職するのが当たり前で、入った会社で与えられた仕事をして、それなりに出世し、定年退職を迎える・・・。その間に恋愛、結婚して家を買い、子育てに苦戦をしながらも、つつましく幸せな生活を送る。

そんな誰かに聞いた幸せがだと思い込んでいた。

特にやりたいことなどなく、何も考えていなかったから、サラリーマンになることが当たり前で、他の選択肢はなかった。

だけど、本当は自由に生きたかった。夢を追いかけて、フリーターになった仲間のように生きたかった。

自分には、夢を追いかけ、不安定な生活を送る勇気と根性がなかった。だから、サラリーマンという生き方を選んだ。

つまり、自分は夢をあきらめた『負け組』だ。

(俺の人生は終わったな・・・。社会人になったら楽しみなんてなく、ただただ老けていくんだ・・・)

二〇〇〇年四月。就職氷河期と呼ばれていた時代。

入社式が行われる会場近くの喫煙所でタバコを吸いながら、続々と集まる人間を観察していた。

すでに社会人としての常識を身につけている同期の人間を見ていると、金髪頭、緩んだネクタイ、腰履きのスーツ・・・全てがガキくさい。

自分が恥ずかしく、みじめに感じる。

だけど、それを他人に悟られるのは、もっとカッコ悪い。

そんな葛藤かっとうをひた隠し、自分に自信を持っているフリをする。

会場に入る人間を眺めていると黒のパンツスーツで身を固めたショートカットの娘がいた。

(かわいい・・・)

その娘は女子たちと談笑をしながら歩いている。男の視線に気づいたのか、ショートカットの娘は、足を止めて大きな目で睨み返す。

その娘の眼力に負け、男は思わず視線をそらしてしまう。

何食わぬ顔でタバコを揉み消し、ネクタイを締め直し入社式の会場に入場する。

(東京のオンナは怖い・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました