平成サバイブ 第一〇話「はじめての飲み会の理由を語る」

平成サバイブ

「だから、初めてのとき、真央をあの店に連れて行ったのか・・・」

「この娘は遊び慣れていないな。真面目な話をされたら嫌だな。って思ってた。案の定、重かったし・・・」
「・・・」

「どうせ飲みに行くならあの店はベストな選択なんだよ。俺のホームだし、友達の友達は、みな友達みたいなお店だから、真央さんと会話をしなくても、どうにかなる計算があった。真央さんの態度も観察できたし、ママやチーママにも報告が出来たし・・・」
「・・・思い通りだったってこと?」

「でも、楽しかったでしょ? 想定してなかったから、ちょっと雑だったけど・・・」
「うん、楽しかった」

「そこが重要。こちらの思い通りに行動してもらっているんだから、不快な思いをさせない。それが『ひらめの美学』なんてね」

「なんか、ムカつく・・・」
「ここだけの話だからね。こんなこと考えているなんて思われたらカッコ悪いでしょ? さりげなく、気づかれないようにやらないとね」

「本当に計算高くてズルいよね」
「・・・」

「話は変わるんだけど、今週末にクルマ来るんだ。どっか行こうよ」
「本当に買ったんだ・・・。ひらめくんには計画性ってものがないのかね?」

「行こう。ドライブ。箱根とか、富士五湖だって日帰りできるよ。もうすぐ夏だし、湘南で海水浴とかもいいかも。真央さんのビキニ姿・・・」
「真央はビキニなんて着ません。変な妄想しないでくれる?」

「真央さん、スタイル良さそうだから似合うと思うんだけどなぁ。もったいない」

ひらめは、マジマジと真央の身体を観察する。

「エロい目で見るなっ!」

「はははは。わりとスタイルいいよね。着痩せするタイプ?」
「変態っ!」

(照れる真央さんは、本当にかわいい・・・)

「それはそうと、真央さんとは夜の街でしか会ってないでしょ? 太陽の下で健全なデートしようよ。最初からお泊まりは無理として、ドライブなら問題ないでしょ? 真央さんとなら会話に困ることもないし、楽しい気がする」
「うん・・・」

「行こうよ」
「うん、行こう。どこ行く?」

「真央さん、ディズニーランドとか好き?」
「好きだよ。でも・・・」

「じゃ、ディズニーランドにしよう!」

「ディズニーランドかあ。最近、行ってないから行きたいなあ」
「じゃ、ちょうどいいじゃん。行こうよ」

「ディズニーランドは行きたいけど、ひらめとか・・・」
「行こうよ」

「ひらめとか・・・。ちょっと考えさせて・・・」
「・・・うん」

「よし。帰ろう」
「うん」

コメント

タイトルとURLをコピーしました