平成サバイブ 第一二話「オープンカーでドライブデートに誘う」

平成サバイブ

(うん。今日も、いい天気だ)

ひらめは、一人暮らしのベランダでタバコを吸いながら、休日にやらなければならないことを考えてる。と言ってもやることは多くはない。

掃除と洗濯を手早く済ませ、開店と同時にスロット屋に入る。

モーニングで、ビッグ二連チャン。このまま交換すれば、一万円の勝ち。

交換所が開くまで四〇分以上ある。続けるか悩みながらタバコに火をつけた。

(今日は誰もいないし上がるか・・・)

「ひらめ、おはよう」

肩を叩かれ振り向くと、ばっちりメイクのミサキの顔が目の前にある。

甘ったるいお酒の匂いが鼻をつく。

「ミサキさん、おはよ。朝まで?」
「うん」
「ご飯食べた? 行く? おごるよ」

「吉野家の朝定が食べたい」
「うん」

ひらめは社会人になってから、西川口に住み始めた。会社と家の往復。新しく住み始めた街に知り合いなんて、ほとんどいない。

唯一、毎日仕事帰りに顔を出すスロット屋で知り合った、本名も知らない薄っぺらい関係の人たちだけだ。

ミサキはキャバ嬢らしい。情報はそのくらい。

年齢も出身地も、彼氏の有無も、キャバ嬢をしている理由も知らない。

「ご馳走様。ありがと」
「うん。またね!」

ほぼ無言で朝定を頬張り解散する。

お互いに深く詮索せんさくをしない。会ったときだけ、楽しめれば良い。

ひらめのジーンズの中でケータイが震えている。

「おはよう」
「おはよう。起きてた?」

「うん。どうした?」
「・・・今日、ひま? いや、用事があるなら構わないんだけど・・・。真央も予定がなくなって・・・」

「いいよ。天気が良いから、どこか行こうか」
「・・・うん」

「クルマで良い? 家まで迎えに行くよ」
「調布駅まで行く」

「うん。直ぐ出るから一時前くらいかな?」

調布駅のロータリーの入り口で、クルマを止めたひらめが真央に電話をする。

「もしもし、着いてる?」
「うん」

「ロータリーで、ひろうよ」

オープンにしたクラシックレッドのユーノスロードスターは目立つ。
柿本マフラーの官能的なサウンドを響かせながら、ゆっくりとロータリーに進入する。

直ぐに真央も気づき、小走りで寄ってくる。

「真央さん! おはよう。今日もかわいいね」

「ねえ、ひらめ。早く出してよ。恥ずかしいから」
「ああ、ごめん・・・」

ゆっくりと車を出す。

「恥ずかしくない?」
「何が?」

「オープンカー。それも赤・・・。目立つじゃん?」
「最初は照れてたけど、直ぐに慣れた」

「真央は慣れてない・・・」

「どこ行く?」
「どこに向かってる?」

「横浜方面」
「行き先、決まってるじゃん・・・」

「良いよね。横浜で」
「・・・」

多摩川沿いを南下し、途中のコンビニに入った。
コンビニの前でタバコを吸いながら愛車を眺める。

「小さくて、可愛いクルマだね」
「でしょ? 目を開くと、もっと可愛い」

キーを回し、リトラクタブルヘッドライトのスイッチを押す。

「すごいっ! ホントだ。カエルみたい」
「うん」

「ちょっとうるさくて、派手で目立つけど、思ったより悪くない・・・」
「でしょ?」

「ただ日焼けする・・・」
「そうね。直射日光だからね」

「サングラス貸してよ」
「うん」

「行くか」
「うん」

川崎まで南下して第一京浜経由でみなとみらいへ向かう。

「真央さん、みなとみらい行ったことある?」
「ない。ひらめは?」

「何回きたかな?」
「ふ〜ん。女子か・・・」

「女子だ・・・ね。学生時代ね。でも何もなかったよ。マジで」
「ふ〜ん」

「なかなか上手くいかないんだよな・・・」
「・・・」

ランドマークタワーにクルマを止め、みなとみらいを楽しむことにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました