平成サバイブ 第一三話「女友達と横浜みなとみらいで、デートする」

平成サバイブ

ひらめと真央は、横浜みなとみらいを微妙な距離感で歩く。

「真央さん、観覧車乗る?」
「うん。乗ってみる?」

「若い男女が密室で一五分、あんなことやこんなことしちゃうかもね」
「少しでもエッチなことしたら真央、飛び降りるから」
「・・・」

長蛇の列の観覧車に乗る。

普段は女子と話すことは苦にしないひらめだけど、ゴンドラという密室で真央と二人きりになり、緊張していた。

緊張した姿を悟られたくないので、いつも以上に饒舌じょうぜつになる。

「ベイブリッジ、すごくない?」
「・・・」

「豪華客船じゃん? あんな船で世界一周とか楽しそうだよね?」
「・・・」

「真央さん、どうした?」

「今日、真央の誕生日で、お祝いしてもらう予定だったんだ・・・」
「知らなかった・・・。おめでとう」

「大学の時の先輩。最近、頻繁に連絡をくれるようになったんだけど、その人がお祝いしてくれるって・・・」
「男?」
「うん・・・」

ひらめは、うつむく真央の隣に席を移動して話を聞く。

「ドタキャンされたの?」
「うんうん。真央がドタキャンした・・・」

「えっ?」
「本当に悪いことをしたと思う。なんか怖くなって・・・」

(その男、凹んでるだろうな・・・)

「凄くいい人なんだよ。学生時代も、真央のこと可愛がってくれたし・・・」
「うん」

「でも『結婚を前提に付き合って』とか言われると・・・」
「そうか・・・」

「嬉しかったんだよ。本当に・・・。真剣に真央のことを考えてくれているのが分かったから。でも・・・」

「いいんじゃねーの?」
「・・・」

「大丈夫だよ。真央さんが気にすることじゃない」
「でも先輩に悪い気がして・・・」

「そんなもんだよ。きっと、その先輩だって『次、行くぞ』って切り替えてるよ」

「ひらめのように軽い男ではない・・・と思う・・・」

「俺だって、フラれたら凹むよ。でも吹っ切らないとやってられないじゃん?」
「・・・」

「深く考えすぎだって」
「・・・」

「よしよし。俺が抱きしめてあげよう」
「うん」

(えっ? いつものように拒否をしてくるんじゃ・・・)

ひらめの予定とは違い、真央は身体を預けてくる。
そのまま、そっと肩を抱く。

真央の誕生日だったけど、特別なことは何もしなかった。ただただ、くだらない話をしながらブラブラと歩く。

「家まで送るよ」
「いや、無理。こんな派手なクルマで乗りつけられたら家族がビビる」

「そんなことないでしょ?」
「ひらめ、自覚しなよ。派手なクルマに、軽そうな男・・・。どう見たって真央が騙されているように見える」

「そんなことはない・・・と思う・・・」
「・・・」

調布駅の近くでクルマを止める。

「ありがと。今日は楽しかった」
「うん。またね」

「またクルマに乗せてね」
「うん。いつでも」

ひらめは、真央が駅に向かう後ろ姿をミラー越しで小さくなるまで見送った。

家につき、ベランダでビールを片手にタバコを吸っていると真央からの着信があった。

「はい、ひらめ」
「今日はありがと。最高の誕生日だった・・・」

「うん・・・。何もできなくてごめんね」
「・・・」
「・・・」

「・・・この前の話。ひらめと一緒に行こうかな」
「えっ? 箱根への一泊旅行?」

「そんな話はしたことないでしょ?! ディズニーランドっ!」
「ああ、そっちか・・・」

「どっちだよ。それしかないでしょっ!」
「うん。行こう」
「うん・・・」

「大丈夫? 元気になった?」
「うん・・・」

「良かった。元気な真央さんじゃないと、こっちのリズムが狂う」
「・・・」

「マジで観覧車の中で抱きしめたとき、キスしちゃえば良かったなあ」
「そんなこと考えてたの? 他人の弱みにつけ込んで」

「でも、しなかったじゃん?」
「本当に頭の中は、それしかないの?」
「あはははは」

「ありがと・・・」
「うん」

「おやすみ・・・」
「うん。おやすみ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました