平成サバイブ 第一五話「一緒にいるのが楽しいから、飲みに行く」

平成サバイブ

「「お疲れ!」」

「ひらめくん、最近、仕事頑張ってるらしいじゃん?」
「そんなことはない。ぼちぼちだよ。誰、情報?」

「野田くん。さっき『何でひらめなんだ〜』って騒いでたよ」

野田は、ひらめと同じ職場の同期で何かとライバル心を剥き出しにして、ひらめにからんでくる。

「打診を受けただけ。断ったけど・・・」
「なんだ、やる気になったのかと思った」

「全然だよ。まだまだ何もできない」
「なんかなあ〜。少しやる気出したら?」

「う〜ん・・・。誰かとエッチなことすれば、やる気が出るかもしれない・・・」
「変態っ! 今の話題のどこから、そこに飛躍するのか、頭の中見ていたいわ」

「仕事の話は止めよう。つまんない」

「こんな変態でも人気があるから不思議だよね」
「・・・」

真央が、前髪で隠れているひらめの顔を覗き込む。

「さやかに猛アタックされてるんだって?」
「情報がはやいね。見てた?」

「恭子。さっきメールで・・・」
「う〜ん・・・。今度、二人で飲んで確かめるよ」

「女子と二人で飲みに行くの?」
「普通でしょ? 今だって真央さんと二人だし・・・」

「真央とさやかは違うでしょ?」
「えっ? 何が違う? 一緒でしょ?」

真央が驚きの表情で、ひらめを見る。

「ごめん、真央さん・・・。言い方が悪かった。真央さんとさやかちゃんは違う。全然違うよ・・・。だけど、俺からしたら、どっちも友達じゃん?」

「うん・・・」

「友達だったら遊びに行くでしょ? 断わらないでしょ? そういうことなんだよ」

「うん、分かる。分かるんだよ。でも、ひらめくんだけ、楽しんでズルい・・・。なんか腹が立つ・・・」
「・・・」

「真央だって女の子だから、たまには男子に甘えたいときがある・・・。ぎゅーってしてもらいたいときがあるんだよ。でも、甘える相手がいないから甘えられない・・・。そんな葛藤かっとうがあるんだよ」

「俺と付き合ったら、いつでも抱きしめてあげるよ・・・」
「・・・考えておく」

「何それ?」
「なんか、軽いんだよ」
「・・・」

「真央は、今のひらめくんとの関係は悪くないと思う」
「・・・」

「真央はしばらく彼氏はいらない。そして、お互い恋人がいないから、ひらめくんと会っている。もし、ひらめくんが彼女が欲しくなったら、真央に気にしないで作ればいい。真央は、反対できる立場じゃない。だから、ひらめくんの好きにすればいい」

「分かった。もういいよ。終わりにしよ。俺も真央さんとは今の関係でいい。終わり」

「そうやって直ぐ逃げる」
「逃げてねーし・・・」

「友達と彼女って何が違うの?」
「セックスするか、しないかだよ」

「ひらめくんは真央のカラダが目的なの?」
「それだけじゃないけど・・・。もういいよ。終わりにしようよ」

「逃げるな、ひらめ。お前は彼女じゃないとセックスしないか?」
「そんなことはない・・・ね」

「でしょ? 真央だって付き合う前にしちゃうかもしれない」
「えっ? じゃ、今からホテ・・・」
「無理。変態!」

「終わりにしようって言ってるのに、真央さんが続けてんじゃん・・・」

「彼女と友達って何が違う?」
「なんか、あるじゃん・・・。彼女だったら、他の誰かに取られたくないとか・・・」

「そんなのは、今でも一緒だもん・・・。ひらめくんが他の女子と遊びに行くのは、嫌な気分になる・・・」
「真央さん、それって俺のことが好きなんじゃ?」

「うん。好きだよ。でも彼氏の好きとは違う」

(本当に面倒くさい・・・)

「まあ、真央さんが、俺といて楽しけりゃいいよ。少なくとも俺は今でも十分楽しいしね」

「でしょ? 真央もひらめくんと一緒にいて楽しい。だから、今の関係で良いと思うんだ。ただ、ひらめくんに彼女ができたら、ちょっと寂しい気がする。きっと嫉妬する・・・。でも、真央にはそれを止める権利はないんだよ」
「じゃ今日はホテルに泊ま・・・」
「無理。クルマ買って、お金ないんでしょ?」

「そこはどうにかするよ。迷惑かけないから、すぐくし、三秒、いや二秒・・・」

「それじゃ真央、逝けないじゃん?」
「えっ?」
「えっ?」

顔を赤らめる真央。

(可愛い・・・)

「ヤバい。完璧にひらめのペースじゃん」

「待て待て。真央さんが勝手にスケベな妄想してるだけでしょ?」
「・・・」

本気なのか、冗談なのか、分からないけど、こんなバカな話をできる関係も悪くない・・・。

「いつも、そうやって女子を騙してるの?」
「聞き捨てならん。俺がいつ、女子を騙した?」

「ズルいよね。いつもそうやって自分は悪くないみたいな・・・。勘違いをさせておいて・・・」
「えっ? 俺?」

考えてみたら、ひらめも真央が他の男と仲良くしていたら嫉妬すると思う。

彼女でもない友達なのに・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました