平成サバイブ 第一七話「TDLだから、友達なのに恋人になる」

平成サバイブ

朝の六時、ロードスターのエンジンをかけ幌を開ける。

愛車に寄りかかりタバコを咥え、缶コーヒーを飲みながら暖気をする。

こんなに朝早い時間なのに、スーツ姿で駅に向かう人が多い。

ひらめの代休に合わせ、真央は有給を取りディズニーランドに出かけることになった。

(雨も大丈夫そうだな。行くかっ!)

待ち合わせのコンビニで真央をピックアップし、高速道路で一気に『夢の国』へ。
新宿で渋滞にハマったが予定通り、九時前には浦安に到着した。

駐車場内をゆっくりと進んでいるオープンのロードスターに幼稚園くらいの女の子と母親が手を振ってくる。

真央が笑顔で手をふり返す。

「かわい〜いっ! ねっ、ひらめ。あの子、手を振ってくれた! かわいいよね」

「このクルマに乗ってると、小さい子から手を振られることが多いよ」

「こんなゲスな男なのに? 違うな・・・。このカエルちゃんが可愛いからだな。ひらめは手を振りかえしちゃダメだよ。犯罪になる」

「・・・意味が分からん」

「恭子が『ひらめと目を合わせると妊娠させられる〜』って騒いでたもん」
「待て待て。どこまでメルヘンの世界の住人なんだよ。やることやらんと妊娠もさせられん」

「ちょっとさ。『夢の国』なんだから下ネタはやめてよ」
「えっ? 真央さん? この流れで俺か?」

「あ〜、ひさしぶりだ〜! 楽しみだね」

(今日の真央さんは抜群にかわいい・・・)

ジーンズに白いノースリーブのシャツを着て、ナチュラルメイク。
いつもはヒールを履いている真央だけど、今日は歩きやすいスニーカーだ。やる気を感じる。

「・・・聞いてる?」

いつもよりちょっとだけ、背の低い真央が腕に絡みつき、見上げてきた。

「ごめん。聞いてなかった」
「大丈夫? ひらめらしくないぞ。二日酔い?」

「ないない。なんか、真央さんがいつもにも増して、かわいいから見惚みとれてた・・・」
「うん。ありがと」

幌を閉め、クルマを離れる。

「ひらめ、今日はたくさん楽しもう」
「うん」

やけに真央との距離が近い。さっきからずっと腕に絡みついてくる。

「真央さん。おっぱいが当たってる・・・」
「うん。今日は良いの」
「・・・」

普段だったら「変態っ!」とか「スケベっ!」と怒るはずなのにリズムが狂う。

ひらめの前に腰に手を当てた真央が立ちはだかる。

「ひらめ、今日は真央が、ひらめを楽しませる! なのでルールを守って欲しい」
「・・・」

「今日の真央は、ひらめの彼女。おっぱいが当たっても気にしないこと」
「・・・うん」

「彼女のおっぱいくらいじゃ興奮しないでしょ?」
「いや、するよ。絶対する。間違いなくする」

「するなよ・・・。今日だけは我慢して・・・」
「分かった」

「もうひとつ『真央』って呼ぶこと。『真央さん』は禁止っ」
「おっぱいはまだしも、それは照れるなあ」

「じゃ、おっぱいも禁止・・・」

周りを歩くカップルが笑いながら歩いていく。

顔を赤らめた真央が、急いで、ひらめにしがみつく。

「今の絶対、聞かれたよね。恥ずかしい・・・」
「朝から『おっぱいも禁止』って俺も恥ずかしいわ。というか、おっぱいの何が禁止か分かんないし・・・」

(かわい過ぎるから、照れながら睨むな・・・)

「ね。お願い・・・」
「うん。俺は真央の彼氏ね」

「今日だけだからね。今日だけ。ディズニーランドは恋人同士の方が楽しめるんだよ・・・。だから、今日だけ・・・」
「なんで『今日だけ』を強調した?」
「・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました