平成サバイブ 第一九話「弱い男だけど、娘のために勇者になる」

平成サバイブ

ひらめと真央は、午前中のディズニーランドを満喫し、昼食を取る。

「めっちゃ美味そうに食うね・・・」
「そんなにマジマジと見ないでよ・・・恥ずかしくなるでしょ」

「かわいい娘は何をしても絵になるな・・・」
「ありがと」

真央は口いっぱいにハンバーガーを詰め込みながら、ランド内のマップを広げ、回る順番を一生懸命に考えている。

(こんなかわいい娘と遊べるだけでも、幸せだよな・・・)

「ねえ、ひらめ。聞いてる?」
「うん。聞いてるよ・・・。真央にまかす」

「じゃ、真央のために『メダル』もらって・・・」
「よっしゃ。勇者『ひらめ』のチカラを見せてやる」

午後イチはシンデレラ城ミステリーツアーに決定した。

ひらめは過去に何度も『勇者のメダル』の獲得に失敗をしていた。

メダル獲得作戦を真央と打ち合わせる。

まずは、子供がいないパーティに入ること。
子供優先で勇者に指名される。子供がいると大人の男性は勇者にはなれない。

おそらく、平日で子供が少ないので、簡単にクリアできる。

次にミステリーツアーは二組が別々にツアーを行い、どちらかのパーティは勇者にはなれない「ハズレ」組になる。

これは運次第、賭けるしかない。

さらに、当たり組になっても、他に勇者候補がいると指名される確率が下がる。

最初から勇者は『ひらめ』しかいないと周りに思わせる必要がある。

アホなカップルを演じ、周りの男性から勇者の座を奪う。

ツアーが始まった瞬間からひらめと真央は、二人でバカップルになりきる。

「私、なんか怖い・・・」
「大丈夫だよ。僕がついている」

全員に聞こえる声で会話をする。ガイドにも聞こえるように話を続ける。

「何があっても僕が君を守るよ」
「お願いね・・・」

ひらめの耳元で真央がささやく・・・

「ねえ。ひらめ緊張してる?」
「してないよ」

「なんで真央を手を握ってるの?」
「絶対に離すなよ」

「何? なんで?」
「いや、いいからマジで・・・」

ひらめは自分がどうにもできない場所が好きではない。真っ暗で周りに人の気配がすると足がすくむ。

「何? ひらめ。もしかして・・・。怖いの?」
「怖くないから。いいから離れないでよ」

「ふふっ。かわいい・・・」
「ぶっ飛ばすぞ・・・」

「どなたか、魔王を倒してくれる勇者様はいらっしゃいませんか?」

こっちのパーティが「当たり」だ。
ガイドと目が合う。視線が集まる。空気を読まずに手をあげる奴はいない。

ひらめが声を張り上げ、立候補をする。

「俺が倒すっ!」

真央が大袈裟に拍手をする。つられて小さな拍手が起きる。
周りの大人たちは恥ずかしがって手を上げない。そして、バカでも勇者候補がいれば、押し付けようとする。

作戦成功。

ひらめはメダル授与式で、恥ずかしがりながら、しっかりとメダルを首にかけてもらった。

勇者ひらめと真央には特別な声がかけられる。

「勇者様、ありがとうございました」
「お誕生日のお姫様もありがとうございました」

「よっしゃー。作戦成功っ!!」
「うん。うまく行ったね」

「ありがとう。勇者様!」
「助かったよ!」

「あっ、ありがとうございます」

周りのカップルも盛り上がっている二人に声をかける。

「ひらめ、恥ずかしくなかった?」
「ちょっとだけ。メダル授与式は照れたね」

「えっ? 『俺が倒す』じゃなくて?」
「じゃなくて・・・」

「マジか・・・」

「はい。誕生日プレゼント」
「ありがと」

真央がひらめの肩に手をかけ、耳元で話しかける。

「・・・本当は怖かったんでしょ?」
「何が怖い? こんな子供だまし・・・」

「次はホーンテッドマンション行こ。真央は離れて観察してるよ」
「・・・」

「大丈夫だよ。子供だましだよ」
「・・・」

「・・・もしかして、スペースマウンテンも怖かった?」
「・・・」

「ずっと手を握ってきたよね? あれ? もしかして・・・」
「・・・」

「はははは。ひらめの弱点、見つけたっ」
「・・・早く行こう」

「照れてる」

真央は悪戯いたずらっ子のように、ひらめを揶揄からかう。

「真央、勘弁してよ・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました