平成サバイブ 第二話「非常識で目立つからイジられる」

平成サバイブ

研修会の後、簡単な親睦会が開かれることになっていた。

女子が中心になり懇親会の準備が始まる。

社会人として非常識で、目立つ金髪のひらめは、あっという間に女子たちに名前を覚えてもらえた。

「ひらめくん。これ、あっちに持っていって」
「うん」

「ねえ。ひらめくん。そのお皿、取って」
「うん」

「ひらめくん。コップ並べて」
「うん」

「待て待て。俺、忙しくない? 他の男子はどこ行った? っていうか、ひらめの名はもう捨てたのだ。僕はひらめじゃない。反応する必要はない。社会人として目覚めた僕はタバコを吸いに行きたい・・・良いよね?」

「ひらめ〜。やってからにしろ〜」
「だから、ひらめなんて人はいないんだよ」

「「良いから手を動かす!」」

懇親会の準備が一段落し、ひらめはタバコを吸いに会場を出る。

「恭子ちゃん、まだ時間あるよね? タバコ行ってくる」
「急いだ方がいいよ」
「うん。マッハで行ってくるよ」

ひらめは、みんなが会場に入る中、ゆっくりとした足取りで逆流し、喫煙所に向かう。

「「お疲れ様!」」

親睦会がはじまった。

テーブルでは、お互いが優位に立つための駆け引きをしている様子が見て取れる。

喫煙所から戻ったひらめは、壁を背にして、ビールを飲みながら周りを観察する。

特に、仲良くなりたい人間も見当たらないし、寄ってくる人間もいない。それでも、ひらめは良いと思っている。面倒くさいなど、ない方がラクだ。

(早く終わらないかな・・・)

「ひらめく〜ん! 端っこで、なにカッコつけてんだよ〜。こっち来なよ」
「行くから、叫ばないで。というか、カッコつけてねーし」

「ねえ、ひらめくん、ずっと金髪なの?」
「謝恩会用に染めたんだ。だから、金髪歴は一ヶ月くらいかな?」

「待て待て。じゃ社会人用に染めるでしょ? 普通」
「ああ、確かに・・・。なんで染めなかったんだ?」
「いやいや。絶対にわざとでしょ?」

「ひらめくんって専門卒? 大卒?」
「俺? 院卒」

「待て待て、ひらめ。その見た目で、院卒だと? 金髪ロン毛、パーマの院生なんて見たことがないぞ?」
「恭子ちゃん、金髪なのは謝恩会用だって。普段は茶髪だよ」

「違〜う。色の話をしてるんじゃない。そんな派手な人間が、コツコツと論文を書いているなんて、想像ができない。専攻は美術か? 音楽か?」
「化学、バケガクの方ね」

「ひらめくん、バカっぽいけど、実はできる人だったりするの?」
「さやかちゃん、今、グサッと刺さることをサラッと言ってるからね・・・。そして、できる人ではないと思う・・・」

(疲れる・・・)

ひらめは派手な頭をしているけど、成功して脚光を浴びる人生、人々の関心を集める華やかな人生なんて求めていない。数人の気心が知れた仲間とひっそりと生きたい。

(ひとりになりたい・・・)

ひらめが、タバコを持って会場から出ると数人の男が声をかけてくる。男なんて、単純でスケベな生き物だから、女子が集まるところに寄ってくる。

昼間は誰も目を合わせなかったのに、お酒のチカラもあり、笑顔で話しかけられる。

会場へ戻る途中、ひらめはトイレの個室に入り、みんなと別れた。

自販機で買ったコーヒー片手に屋外の喫煙所に戻る。

電球がひとつだけの薄暗い喫煙所。

ベンチに腰をかけタバコを吸っているひらめの元に、ショートカットの娘が近づく。

「お疲れ。ひらめくんだっけ?」
「うん。そっちは?」
「真央。よろしく」

「飲んでる?」
「私、お酒飲まないんだ」
「ああ、そうなんだ・・・」

「タバコ?」
「吸わない」
「・・・」

(・・・何しに来たんだ?)

真央が、ひらめと同じベンチの端に腰をかける。

「無理してるでしょ?」
「そんなことないよ」

「・・・嘘つきなんだね」

ひらめは、本心を見透かされたような気がして、真央に視線を向ける。

真央は大きな目でひらめを見返す。
真央の視線に耐えられず、目を逸らしてしまう。

「そうかもね・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました