平成サバイブ 第二四話「酔い潰れた娘と駅で座り込む」

平成サバイブ

ひらめは酔っ払った真央を抱え、終電が終わった駅に向かう。

「真央さん、大丈夫?」
「・・・うん」

スーツ姿の見目麗しき娘が、終電が行ってしまった駅のシャッターの前で座り込む。ひらめは隣に胡座あぐらをかき、うなだれている真央に話しかける。

「真央さん、パンツ見えちゃうよ」
「・・・」

「真央さん、狼に襲われちゃうよ」
「・・・」

「真央さん、キスしちゃうぞ」
「・・・」

(そんなに飲んでないと思うんだけどな・・・)

ひらめは、誘った男として責任を感じていた。

「真央さん、タクシーで帰れる?」
「・・・恭子んちに泊まる」

「うん。恭子ちゃんに電話するね。ちょっと待ってて」

ひらめはケータイを取り出し、恭子に電話をかける。

「恭子ちゃん、電話出ないね・・・」
「・・・」

「真央さん? 聞いてる?」
「・・・」

「恭子ちゃんち、分かる?」
「・・・」

(なんか面倒くさい。もう帰りたい。帰ろう・・・)

「真央さん、起きて。真央、キスしちゃうぞ! 起きろ!」
「うん。起きてる」

「俺、帰るけど、どうする? 送っていく?」

「いま何時?」
「一時二〇分位」

「家には帰れない」

「どうする? 恭子ちゃんは電話にでない。ホテル行く?」
「・・・」

「勘違いしないでね。俺は帰るよ。真央さんだけ、その辺のホテルに泊まる?」
「う〜ん」

「真央さん、面倒くさいから、早く決めて」
「・・・行く」

「よし、タクシー乗るよ」

運転手に行き先を西川口と伝え、途中で泊まれそうなホテルに寄ってもらう。

「真央さん、起きて。ホテル着いたよ」

寝ている真央は、うざいくらいに、ひらめに抱きつく。

「お兄さん、ダメそうだね」
「ダメっすかね?」

「ダメだろうな・・・。どうする?」

「すいません。西川口まで行っちゃってください」

「お兄さんたち、会社か何か?」
「会社の同僚なんすよ。こいつ」

「疲れちゃったのかね?」
「なんか面倒くさいっすよね・・・」

「その娘、お兄さんに気があるんじゃない?」
「そうだったら、いいんすけどね。なかなか上手くいかねーんすよ」

ひらめの部屋近くのコンビニで、深夜料金を支払い降車する。

「真央さん、コンビニで必要なもの買って」

「うん。ここどこ?」
「西川口。うちの近く」

「大丈夫?」
「うん。大丈夫・・・」

真央は不安そうな表情を浮かべている。

「大丈夫、何もしない」
「うん。信じる・・・」

真央が納得したのか、しないのかは別にして、必要最低限の着替えと水、歯ブラシを購入してコンビニを後にする。

コンビニから、ひらめの部屋までの間、微妙な距離、無言で歩く。

「ちょっと片付けるから待ってて」
「うん・・・」

ひらめは窓を開け、カーテンを閉める。

「どうぞ」

「何もないね・・・」
「確かに・・・」

リビングキッチンには、ひらめが学生時代から使っている電子レンジと冷蔵庫、そして掃除機。
居間にはシングルベッドとギターが二本。そしてテレビ台とステレオだけ。洋服は押し入れの中、洗濯機はベランダにある。

部屋の中に荷物が少ない。

「思ってたより広いし・・・」
「そうね。リビングは六畳あるし、こっちは八畳くらい?」

「男の一人暮らしだから、散らかっているかと思ってた・・・」
「・・・」

真央の緊張感が広がり、お互いに普段のように話ができない。

「とりあえず、先にシャワー浴びてくる。好きにくつろいで」
「うん・・・」

ひらめは、ユニットバスでシャワーを浴び、いつも以上に念入りに身体を洗った。
大きく膨らんだ身体の中心を隠しながら、Tシャツ、ハーフパンツに着替える。

部屋に戻ると緊張感を隠しきれない真央が小さく見えた。

「真央さん、どうする?」
「シャワーは浴びたい・・・」

「うん。俺のTシャツとハーフパンツで良かったらパジャマにしてよ。バスタオルはこれ使っていいから」
「・・・」

「なに? どうした?」
「うんうん・・・。ひらめ、信じてるよ・・・」

真央は床に座りながらカバンを抱きしめ、見上げている。

ひらめは頭を拭きながら、真央を見下ろす。

(これで襲ったら悪者じゃん・・・)

「俺、クルマで寝るし、部屋は好きに使って良いよ・・・。一応、逃げる時は鍵だけ閉めて行って。ここにスペアキー置いとく。もしかしたら、真央さんの寝込みを襲う『ひらめ』って奴がいるかも知れないから、俺が出たらチェーンもかけて」

ひらめは、真央とあんなことやこんなことなんていうのを期待していた。
だけど「信じてる」なんて言われて、手を出せず逃げることしかできなかった。

タバコとケータイ、そして財布だけを持ち、濡れた髪のまま、愛車の待つ駐車場へ向かう。

駐車場の入り口で缶コーヒーを買い、愛車の横に座る。タバコを吸いながら後悔をする。

(無理矢理でも、やれば良かった・・・)

タバコの火を消し、空き缶を捨て、愛車の中に潜り込むと真央からケータイに着信があった。

「はい、ひらめ。どうした?」
「・・・」

「何か足りない? コンビニで買って行こうか?」
「・・・」

「どうした?」
「ありがと・・・」
「・・・」

「うん。おやすみ・・・」
「おやすみ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました