平成サバイブ 第二六話「何もなかった二人なのに、疑われる」

平成サバイブ

「ごめん、恭子」
「うん、上がって。あれ? ひらめは?」

不貞腐ふてくされて、クルマのとこ」
「面倒くさい奴だな・・・」

ひらめはロードスターに寄りかかり、タバコを吸っている。ひらめの元に恭子がズカズカとやってくる。

「おいっ、ひらめ。早くしろよ。男らしくないぞっ」
「・・・」

グイグイ腕を引っ張っていく。

「恭子ちゃん、ノーブラでしょ? 乳首が見えた・・・」
「ノーブラだし、ノーメイクだよ。何か問題?」

恭子の部屋に真央と入ると、二人が知らない男性がいた。
ひらめは、思わず真央と目を合わせる。

真央も首を振る。

「恭子、だれ?」

「タケシさん。学生時代から付き合ってる。もう二年?」
「三年かな?」

「「え〜っ!」」

ひらめと真央は、落ち着いた大人の雰囲気のタケシと恭子を交互に見る。

「恭子がお世話になっています。えっと、ひらめくんと真央ちゃんかな?」
「「はい」」

「えっ? 恭子ちゃん、彼氏いたんだ・・・」
「嘘っ? 何も聞いてないんだけど・・・」

「誰にも聞かれてないから言ってない・・・。座って」
「「うん」」

「えっ、タケシさんって恭子ちゃんとどうやって知り合ったんすか? ナンパって感じでもないっすよね?」
「はははは。俺の店で恭子がバイトしてたんだよ」

「いま『俺の店』って言いましたよね? お店やってるんですか?」
「小さな居酒屋だよ」

「今度、行きますよ。どこでやってるんすか?」
「・・・」

「ひらめ、タケシさんの話はいい。二人の話をしてもらっていい?」
「うん。真央さん、話して・・・」

「最初に言っておくけど、真央とひらめは何もない・・・。信じてもらえるとは思ってないけど、これは本当。真央はひらめの家に泊まったけど、ひらめはいなかった・・・」
「恭子ちゃん、笑うなら笑え。『ひらめ』らしくもなく、クルマに逃げたんだよ。何もしないで・・・」
「ひらめ、ちょっと黙ってて。恭子は、いま真央と話してる」

真央は以前から、よく二人で飲みに行っていること、二人でディズニーランドに行ったこと、昨日の出来事を話した。

「真央とひらめは付き合ってもいないし、間違いも起こしていない。ただ、一緒に飲みに行っているだけ」

「うん。話は分かった。よくもまあ、長い間、隠していたね」
「ごめん、恭子。なんか言い出しにくくて」

「で、二人は付き合うの?」

「・・・」
「・・・」

「ひらめ、お前は真央のこと、どう思ってんの?」
「かわいいとは思ってる・・・し、友達とは、ちょっと違うかな?」

「真央は?」
「ひらめと一緒にいて楽しいし、このままの関係でもいいかなと思ってる」

「・・・」
「・・・」

「とりあえず、話は分かった。本当にやってないかは別にして・・・」
「「やってない」」

恭子がニヤニヤしながらタケシに寄りかかる。

「何度も二人きりで遊んで、家にも泊まってやってないなんて信じられる?」

「恭子、本当だからね」
「恭子ちゃん、本当なんだよ。俺、可哀想でしょ?」

真央と恭子が着替えるため、ひらめとタケシは外に追い出された。何となく、クルマのところへと足が向かう。

「このユーノス、ひらめくんの?」
「はい。最近、買ったんです・・・」

「ロードスターはやっぱ初代だよね」
「そうなんすよ、新しいのは陽気なエロって感じがして、なんか違うんすよね」

「ぷっ、何それ?」
「この子は妖艶ようえんなエロというか、日本っぽいエロなんだけど、あっちはアメリカンっていうか、エロがオープンなんすよ」

「面白いなぁ。独特の感性だよ・・・」
「そうすかね? タバコ吸っても大丈夫っすか?」
「俺も吸う」

「ロードスターの新旧比較をエロさで聞いたのは初めてだよ」
「なんか、そんなことばっかり考えてるんすよ」

二人でタバコを吸いながら、ロードスターの話で盛り上がる。

「ちなみにさ。FCとFD。ひらめくんから見るとどう?」
「セブンすか? FCは古い戦闘機、FDは最新の戦闘機って感じじゃないっすか?」

「そこはエロじゃないんだ?」
「いやロードスターは早くもないし、どっちかというと、かわいい女子なんですよ。セブンは男っぽい」

「あのFDが俺のクルマ」
「後期っすね。新車っすか?」
「そう。四月に納車したばっか。これから色々といじるよ」

ひらめは、舐め回すようにタケシのRX7を観察する。ひらめにタケシが話しかける。

「ひらめくんの話は、恭子からいつも聞いてる。なんか、あいつの会社の話題は君の話ばっかりでさ・・・」
「・・・アホだとか、スケベだとかっすよね」

「いや、すごく心配してるんだよ。あいつ」
「・・・」

「はっきり言って嫉妬した・・・。ダメな奴だけど、なんか憎めないとか、誰かが面倒をみてあげないと・・・とかね」

「なんすかね。俺、ダメなんすよ。マジで・・・。みんなに迷惑かけちゃうし。直ぐに甘えちゃうんすよ」

「俺はひらめくんに謝らないといけないんだ。昨日、恭子が電話に出なかったのも、俺が『出るな』って言ったんだ・・・。恭子は『真央と何かあったんだよ』って出ようとしていた・・・」
「・・・」

「あいつ、ああ見えて、すごく、ひらめくんのことを気にしてる・・・。俺は、どうしても会社員の恭子とは時間が合わないから、ひらめくんに恭子を奪われるんじゃないかって不安になるんだよ。分かる?」
「はあ・・・」

「彼氏とベットにいるのに、他の男を気にするんだぜ? 嫉妬するだろ? 普通」
「はい」

「俺としては、出来るだけ早く、ひらめくんに彼女を作って欲しい」
「・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました