平成サバイブ 第二七話「女子の手料理を食べる。幸せを感じる」

平成サバイブ

「ひらめ〜。はやく戻ってこいっ。タケシさんも」
「いま行くよ〜。なに?」

部屋に戻ると朝ごはんが用意されていた。

「朝ごはん、食べてないんでしょ? 恭子と真央で作ったから食え」

「すげ〜。日本の朝食って感じ・・・母だね。食べていい?」
「ひらめ、待てっ! みんな座るまで食うな!」

「「いただきます」」

「美味い! 恭子ちゃん、惚れ直したよ。あっタケシさん、冗談すよ。冗談」
「気にしないで、いつも通りでいいよ」

「タケシさん、甘やかしちゃダメ。ビシッと言ってやってよ」
「そうですよ。コイツ、誰に対してもこんな感じなんですよ」
「・・・」

味噌汁、ご飯はともかく、一人暮らしの女子の家に『アジのひらき』がそれも四枚もあることに驚く。

「恭子ちゃん、美味いよ。ね、真央さん」

「ねえ、真央だって朝作ろうとしてたじゃん?」
「ん? そうだっけ?」

「あ〜、マジでムカつく。タケシさん聞いてくださいよ。こいつの家、鍋もフライパンもないんですよ」
「・・・」

「冷蔵庫はビールしか入ってないし・・・」
「水も入ってたでしょ?」

「なんか、女子の部屋で朝ごはんって幸せっ! 恭子ちゃん、毎朝食べに来て良い?」
「お前みたいなさかりのついた犬を家に入れる訳ないだろ?」

「ねえ、ひらめ、聞いてる?」
「ひらめ、ヒトの部屋をジロジロ見るな。恥ずかしだろ?」

「ねえ、ひらめ。右手で食べてよっ。邪魔っ」
「無理だって、左利きの俺の右手は一歳児レベルだよ。おっぱいを揉むくらいしかできない」

「ひらめ、お前は何もできなかった癖に、どの口が『おっぱい揉む』とか言ってんの?」
「恭子ちゃん、言っていいことと悪いことがある。俺、こう見えて、すごく凹んでるんだから」

ひらめが、真央を真剣な顔で見る。

「真央さん、やっぱり、おっぱい揉んでも良い?」
「調子に乗らない。ていうか、落ち着いてご飯食べようよ」

「おい、ひらめ。いま手で食ったろ? その手はどこで拭く?」
「ほら、こぼしてる。恭子、ティシュ取って」
「ひらめ〜、誰が掃除すると思ってんだよ」
「だって・・・」

「「『だって』じゃないっ!」」

いつもの飲み会と同じようにひらめは、女子たちにイジられ、ツッコまれる。

タケシはそんな三人を優しい目で見守っている。

「あっタケシさん、ごめんなさい。うるさいですよね」
「本当。ひらめがいるだけで、うるさくなる」

「俺は静かだと思うんだけど・・・」

「ひらめくん。幸せだな・・・」
「・・・はい」

「男二人で何かあった?」

恭子が、ひらめとタケシを交互に見る。

「別に何もないよ。ひらめくんとクルマの話をして意気投合した感じ?」
「そう。タケシさんのFD、カッコいいから」

「男同士で何か秘密を作ったな。まあ良いや。女子の方が秘密があるからね。ね〜真央?」
「ね〜」

二人の視線の先にひらめがいる。

「真央さん、言ってないよね?」
「なに? え? あ〜、言ってない・・・と思うよ」

「恭子ちゃん、聞いた?」
「聞いたような、聞いてないような」

「えっ、真央さん? マジで言ってないよね」
「あはははは。言ってない、言ってない。まだね」

「絶対に言うなよ」
「恭子〜。ひらめ、超かわいいんだよ」

ひらめが隣に座る真央に飛びつく。

「ひらめ〜。なんで、お前の家でそれをやらないんだ? ここで始めたらぶっ殺すぞ」

タケシと恭子がニヤニヤしながら二人を見る。
ひらめと真央が、顔を真っ赤にして照れている。

「面倒くさいなあ。付き合っちゃえよ」
「「・・・」」

タケシが、目を細めて二人をみる。

朝食も食べ終わり、タケシが仕事のため帰り支度をはじめた。

「真央さん、俺らも帰ろう」
「うん」

「ごめんね、恭子。今度、埋め合わせする」
「うん」

「タケシさん、今度、お店行きますよ。ケータイ教えてもらっていいっすか?」
「うん、これ名刺。真央ちゃんとおいで」
「はい」

「ひらめ。なんかタケシさんにぞっこんだな」
「恭子ちゃん、クルマ好きに悪い人はいないんだよ。分かるかい?」

四人でコインパーキングに向かう。タケシがFDのエンジンをかける。ロータリーエンジン独特の高音が響く。

「じゃ俺、行くわ」

さりげなく、恭子とタケシがキスをする。
タケシがクルマに乗り込み、去っていく。

「真央さん、見た? いま、タケシさんと恭子ちゃん、さりげなくキスしたよね?」
「したね。さりげなく・・・」

「大人っぽくなかった?」
「うん。ちょっとドラマっぽかった」

「タケシさん、俺と二つ、学年でひとつしか変わらないんだって」
「えっ? マジで?」

ひらめはロードスターのエンジンをかけ、柿本マフラーのサウンドを響かせる。幌を開ける。

「みてみて。恭子、可愛くない? オープンになるんだよ」
「赤のオープンカーって、目立って恥ずかしくない?」

「直ぐに慣れるよ」
「真央さんも、最初、恥ずかしいって言ってたじゃん・・・」

「そうだけど・・・」

「じゃ俺らも行くわ」
「・・・」

「ひらめ、ちょっといい」
「ん?」

恭子がロードスターに乗り込もうとしたひらめを離れたところに連れて行く。

「ごめん。真央、ちょっと借りるね」
「うん」

「本当のところ、どうなの?」
「マジでやってないよ」

「違う。それはどうでも良い。真央と、どうするの? はっきりしろよ」
「・・・うん」

「真央、ああ見えて強くないからね。強がっているけど弱い」
「・・・うん」

「真央のこと、どう思ってんの?」
「う〜ん。どうなんだろうね・・・。一緒にいて楽しいとは思う・・・」

「お前は煮え切らんな・・・。その態度が真央を悩ますんだぞ」
「そうなのかもね・・・」

「まあ、いいけど、真央が他の男の所に行ったら一緒にはいられないよ」
「・・・」

「お前も、そろそろ落ち着いたら?」
「・・・」

「愛しい真央ちゃんのために大人になれよ」
「うん・・・。そうだね・・・」

「うん。頑張れよ。恭子姉さんは応援してるぞ」
「うん。ありがと」

「じゃ行くね」
「うん。気をつけてね」

ゆっくりとロードスターを発進させる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました