平成サバイブ 第四話「目立つ新人は、飲み会要員として呼ばれる」

平成サバイブ

ひらめをとして感じていたのは、ひらめの教育係として任命された石田も同じだった。

ひらめは、入社して約三週間、毎日のように本部長から注意を受けている。石田は、可愛い後輩が凹んでいるかと思い、何度も飲みに誘っているが本人は気にしていない。

「ひらめ。俺の彼女が会いたがってるから、飲み行くぞ」
「飲みに行くのは全然OKなんすけど、石田さんの彼女さん知らないし・・・。会いたがってる意味も分かんない・・・」
「良いから。行くぞ」

待ち合わせの店に着くと、ひらめたちに気づいた女性が、立ち上がり手を振ってきた。

(かわいい・・・)

「石田さん、あの女性ひとが彼女さんすか?」
「そうだよ」
「めちゃくちゃ、かわいいじゃないですか」

「どうも、中井です。彼女さん、かわいいですね。天使、いや女神っす」
「ありがと。聞いてるよ〜。ひらめくんでしょ?」

「そうとも呼ばれています。よろしくお願いします」
「よろしく〜」

「琴ちゃん、待った? こいつが噂のひらめ。社会人ぽくないでしょ?」
「うん。想像以上に軽い」
「だろ?」

「ひらめくん。私、琴音。この娘は真央、知ってるでしょ?」

(真央さん・・・。苦手なんだよな・・・)

ひらめは、研修会の喫煙所以来、真央に苦手意識があった。

さりげなく、緩んだネクタイを締め直す。

「ひらめくん、ひさしぶり。元気だった?」
「うん・・・」

「なんだ、ひらめ。お前もかわいい娘と仲良くなってんじゃん」

「石田さん。仲良くなんかなってないっすよ。この娘は研修のと・・・」
「ひらめくんとは、話さなかったけど目立つじゃないですか〜」

「あのですね。研修で・・・」
「すごく盛り上げていたし・・・。琴音さんも聞きましたよね?」
「聞いたよ。いきなり、下の名前で呼んできたり、タメ口で話してくる軽い男がいるって」

「・・・」

「「乾杯っ!」」

「ねえ、石田くん。教育係の先輩として、この頭は注意しないの?」
「そのうち、本人が気づくだろ? な、ひらめ!」
「気づくかな? 自分の頭って、自分で見れないんすよ」

石田が隣に座るひらめの頭をぐちゃぐちゃにする。

「見えてる癖に。めっちゃ前髪、邪魔そうじゃん」
「石田さん、個性っすよ、個性。この見た目なら一発で覚えてもらえるでしょ? 絶対に得することの方が多い・・・と思う」

「うん、絶対に忘れない。ヒト間違いとかも、ないしね〜」
「でしょ? 琴音さん。きっと、お客さんも直ぐ覚えてくれますよ」

「ひらめ・・・。『でしょ?』じゃないから、会社の代表なんだぞ? そんな頭の奴が来たら、相手はどう思う?」
「オモロイ奴、来たな・・・かな?」

「確かに・・・。面白い奴、来たなって思うね」
「琴音さん。分かってますねっ。そういうことですよ!」

「琴ちゃん・・・。こいつ、本気にするから・・・」
「えっ? 琴音さん。本気っすよね?」
「・・・」

ひらめは、石田を持ち上げ、琴音と真央を笑わせる。

あっという間に二時間が過ぎた。

「ひらめくん。また飲みに行こうね」
「次は、琴音さんと二人きりがいいっすね」

「待て待て。ひらめ。俺の彼女だって」
「石田さん。こんなかわいい彼女を独り占めはズルいっすよ。琴音さん、次は二人っきりで行きましょう」

「あはははは。本当に軽い。ありがと。また今度ね」

石田が会計を済ませ、先輩カップルは腕を組みながら、夜の街に消えていく。

「じゃあな、ひらめ。また来週!」
「ひらめくん。真央をよろしく」

ひらめは、苦手な娘と新宿の街に取り残された。

コメント

タイトルとURLをコピーしました