平成サバイブ 第五話「金曜の夜に、苦手な娘と過ごす」

平成サバイブ

「真央さん、JR?」
「京王線」

「駅まで送るよ」

金曜日の夜の新宿は、多くの人でごった返していた。

二人は、人混みをかき分け駅に向かう。

(せっかく新宿に来たんだし、この娘を送ったら、チーママたちに挨拶だけして帰ろう・・・)

「ひらめくん。まだ、時間ある?」
「まあ、あるっちゃある」

「ちょっと付き合ってよ」
「え? うん。いいけど、どこ行く?」
「まかせる」

「ちょっと行きたい店があるから、そこでいい?」
「うん」

カウンターのみ、ママとチーママが二人で切り盛りをしている小さなお店。ひらめは、学生時代から通っている。
ひらめたちが、暖簾のれんをくぐると顔見知りの親父たち二人が、先客として飲んでいた。

ひらめが手をあげて、あいさつをする。

「あれっ? ひらめ! ひさしぶり!! ママ、ひらめ!」
「ひらめ、元気だった?」
「うん。とりあえずビール」

常連の親父たちの興味は、顔見知りのひらめから一緒にいる真央に移る。

「ひらめ、相変わらず手が早いな。彼女か?」
「違う違う。会社の同期」
「真央です。よろしくお願いします!」
「ひらめ、お前そっち。真央ちゃんの席はココ」

真央は嫌な顔もせず、酔っ払った親父たちに笑顔を振りまく。
ひらめは、チーママから受け取った瓶ビールを二つのグラスに注ぐ。

(そう言えば、この娘は飲めないんだった・・・)

「真央さん、ビールで大丈夫?」
「うん」

「「就職、おめでとう!」」
「ありがと」

真央は、親父たちのハイテンションに合わせ、楽しそうに飲んでいる。

ひらめは、ママとチーママに近況を報告。昔話に花が咲く。

「真央さん、帰ろう」

常連の親父たちも帰る時間になり、ひらめたちも店を後にする。

「真央さん、飲めるじゃん」
「私『飲めない』って言った? 『飲まない』とは言ったけど」

真央が、悪戯いたずらがバレた子供のような笑顔で振り返る。

(かわいい・・・)

「ひらめくん。ちょっと話がしたいんだけど、まだ大丈夫?」
「大丈夫だよ」

ひらめは、真央に誘われるがまま、重厚な扉のショットバーについて行く。薄暗い店内は、さっきのお店のテンションとは違い、大人の雰囲気が漂っていた。

真央は、何度か来たことがあるらしく、カウンターに座り、バーテンダーさんと談笑だんしょうしている。

ひらめは、居心地が悪そうに真央の隣に座り、キョロキョロと店内を観察する。

「ひらめくん、ちょっと良い?」
「うん。何?」

「夢は、なんだね?」
「へ?」

想像もしていなかった質問にあせる。

「・・・世界征服?」
「真面目な話。何がしたい?」

「いま?」
「そう、いま」

「真央さんとエッチなことがしたい・・・」
「・・・」

(ごめんなさい。睨まないでください)

「私は真剣な話をしてるの」

ひらめは、真剣な話が苦手だ。テキトーなうわべだけの話でいい。

「やりたいことなんてないよ」
「そんなことないでしょ? 何かあるでしょ?」

「仲の良い仲間と好きなことだけをするみたいな」
「好きなことって?」

「酒飲んだり、ダベったり、そんな感じ?」
「そんな人生で後悔しない?」

(ああ、面倒くさい・・・)

本心なんて話す必要がない。テキトーに誤魔化して生きていけば良い。

深入りするな。薄っぺらい関係でいい。本音を語り合うなんてガキくさい関係はいらない。

「いいんだよ。今が楽しけりゃどうでもいい」
「嘘つき・・・」

真央から漏れた言葉に驚く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました