平成サバイブ 第六話「弱い人間だから、誰とも本音で話したくない」

平成サバイブ

「嘘つき」

以前にも真央に言われた。

ひらめは、他人からどう思われても、自分を守るために、本心をひた隠し、を演じている。

そんな自分を見透かされているような気がしてイライラしていた。

隣に座っている娘を睨む。

真央は怯むことなく、睨み返す。

「本気で言ってる? 私の目を見て答えて」
「・・・ごめん。嘘、本心ではない・・・」

「うん。素直でよろしい」

(このままでは、この娘のペースに巻き込まれる・・・)

「真央さん、酒飲まないのに今日は大丈夫なの?」
「普段は飲むよ。ただ会社の人の前では飲まない」
「・・・」

真央曰く、お酒を飲んでガードが緩くなると、絡んでくるウザい男がいる。女子として保身のため、会社では飲まないそうだ。

(じゃあなんで、いま飲んでんだよ)

「私が飲めることを知ってるのは、ひらめくんだけだから、話したら直ぐ分かるからね」
「うん。内緒にしておく・・・。でも、なんかズルくない?」

「ひらめくんだって、無理してるでしょ? 一緒だよ」
「まあ、仕事だからね・・・」

「やっと本当のことを白状したね」
「・・・」

ひらめは、人間の好き嫌いが激しく、集団行動が苦手だ。加えて、他人に関わるのが面倒くさいと思っている。

絶対にバレていない自信があった。

「真央さん、いつからそう思っていた?」
「研修のとき。入社式のときの雰囲気と違っていたから」

(入社式で話したか?)

「タバコ・・・。すごくダルそうに吸ってたでしょ?」

「ああ、真央さんに睨まれたときか」

「睨んでないからね。ただ同じ会社の人だったら嫌な奴だと思った」

「こっちだって、いきなり睨まれたし、生意気なオンナだと思ったよ」

「睨んでないから」

「研修のとき、鈴木さん・・・、恭子ちゃんだっけ? と盛り上げていたでしょ?」
「うん」

「なんか、この人、無理してるなと」
「う〜ん」

「それで、懇親会のとき、ひとりで逃げてたのを見かけたから」
「逃げてねーし」

「嘘だね。ひとりで喫煙所にいたでしょ?」
「・・・」

「他の女子たちと直ぐに仲良くしてたのに、なんか冷たかった・・・」
「そうね・・・。真央さん、なんか重いんだよ」

「・・・どういうこと?」

(その殺人者みたいな目で睨まないでください・・・)

「軽くないんだよ。なんか重苦しい・・・。俺は、誰とでも軽い関係でいい」
「・・・」

「建前でテキトーに誤魔化せばいいんだよ。なのに真央さんは真剣というか、重い・・・。よう分からんけど・・・」

何の疑いもなく、他人を信じれる真っ直ぐな人間が苦手だ。お互いの利害関係を無視して築く関係なんて求めていない。

「俺は、誰とも本音でなんか話さない・・・。と思う・・・」

自分を守るために会社での顔、家族の前での顔、友達の前での顔を使い分けている人たちばかりで、本音で語るなんてことはない。

弱い人間は、自分の価値観に自信がなく、否定されることが怖い。だから、テキトーに周りに合わせて、求められるキャラを演じている。

少なくとも、ひらめはそうやって生きている。

「真央さんが本音で話してくれるのが重く感じるんだ・・・。俺は誰とも本音では話したくない。なのに、真央さんは隠したいはずの本音をぶつけてくる。だから真央さんが苦手・・・。ごめんね」
「・・・」

「もっとテキトーでいいと思うんだ。変な話をしてごめんね。よし、帰ろ。また機会があったら飲もう」
「うん」

後味が悪いが思っていることは伝えた。苦手な人間に嫌われても問題ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました