『平成サバイブ』目次

平成サバイブ

男なら仕事より先にやることがある・・・

二〇〇〇年。就職氷河期と呼ばれた時代に就職をし、平成不況を逞しく生きるひよっこサラリーマンの成長物語。男には仕事より、もっと大切なことがある。

人生に必要なのはエロとクルマ・・・。面白くない人生を楽しむためには『欲望』がなければならない。

平成サバイブ

第〇話「プロローグ」

第一部

第一話「社会人になって、はじめて普通を知った」

第二話「非常識で目立つから、イジられる」

第三話「社会人として非常識だけど、可愛がられる」

第四話「目立つ新人は、飲み会要員として呼ばれる」

第五話「金曜の夜に、苦手な娘と過ごす」

第六話「弱い人間だから、誰とも本音で話したくない」

第七話「苦手な娘に嫌われても、問題はない」

第八話「駅でからまれ、拉致された」

第九話「飲みながら、初デートの極意を語る」

第一〇話「はじめての飲み会の理由を語る」

第一一話「無能だと分かっているから、仕事を断る」

第一二話「オープンカーでドライブデートに誘う」

第一三話「女友達と横浜みなとみらいで、デートする」

第一四話「まだまだ落ち着けないから、彼女はいらない」

第一五話「一緒にいるのが楽しいから、飲みに行く」

第一六話「無能だけど社会人だから、仕事をする」

第一七話「TDLだから、友達なのに恋人になる」

第一八話「恋人同士として、TDLを楽しむ」

第一九話「弱い男だけど、娘のために勇者になる」

第二〇話「TDLを満喫したけど、いつもの二人だった」

第二一話「仕事をして褒められても、嬉しくないから」

第二二話「くだらない男のメンツだけど、大切にしたい」

第二三話「ガキくさかったから、あやまる」

第二四話「酔い潰れた娘と駅で座り込む」

第二五話「ロードスターは、車中泊に向かなかった」

第二六話「何もなかった二人なのに、疑われる」

第二七話「女子の手料理を食べる。幸せを感じる」

第二八話「好きなのに、好きだけど・・・煮え切らない」

第二九話「恋人同士に必要なものって、何だ?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました