欲しい中古車がある人に朗報! 金利が安い銀行のマイカーローンは中古車購入でも借りられるのだ

カーライフ
スポンサーリンク

気づいたら10年以上自動車ローンにお世話になっている、ひらめ(@hirame_18)です。

中古車を購入するときの資金を用意するのは大変ですよね。欲しい車を見つけても購入資金が用意できないと手に入れることはできません。

特に中古車の場合、欲しい車を見つけて購入資金が用意できないと誰かに買われてしまい手に入れることができなくなってしまいます。中古車の場合、一期一会ではないけど、同じ程度、同じ金額でもう一度出会えることはありません。

なお
なお

お金がないと諦めるしかないよね・・・

ひらめ
ひらめ

大丈夫っ! 銀行系のマイカーローンが借りれるよ!

あまり知られていませんが、銀行系の自動車ローンは中古車購入でも借りることが可能です。中古車屋さんのローンはクレジット系のローンで金利が高いことが多く、安く中古車を購入するのであれば、金利が安い銀行系の自動車ローンを使って購入資金を用意しましょう

この記事では、中古車を購入するときに低金利で安心の銀行系のマイカーローンについて解説します。

あまり気にしていない人も多いのですが、年利が3%違うと5年ローンで数十万円も多く払うことになってしまいます。銀行系マイカーローンで中古車をお得に手に入れましょう。

中古車購入は銀行系マイカーローンが一番お得

結論から話をすると中古車を購入するとき、現金が用意できない場合は『銀行系のマイカーローン』が一番お得です。

自動車ローンで一番気にしなくてはいけないのは年利です。年利とは、お金を借りた時に支払う手数料のことで、金利によっては同じ金額のローンを組んでも数10万円の差になってしまいます

中古車屋さんの自動車ローンは、提携しているクレジット会社のローンで平均年利は6%位です。銀行系のマイカーローンは年利3%以下に設定しているところがほとんど。そして、数%の差が大きな差になります。

なお
なお

えっ! 数十万円も変わるの?

ひらめ
ひらめ

詳しくは後で計算するよ!

自動車を購入する資金の集め方は?

新車、中古車に限らず、自動車を購入するときに一番お得なのは『現金一括』での支払いです。現金一括で購入資金が用意できれば、割引をしてくれる確率も上がるし、ローンのようにムダな金利を払うことはありません。

とは言っても、自動車購入には車両代、その他諸経費を含めると100万円以上の資金が必要です。

なお
なお

みんな、どうやって資金を集めてるの?

ひらめ
ひらめ

自動車を買う方法はいくつかあるんだ

  • 現金一括
  • 残価設定クレジット(残クレ)
  • ディーラー系ローン
  • 銀行系ローン

僕はこれまで4台の車を購入した経験があるけど、現金一括で購入したことはありません。ディーラー系のローン、残価設定型クレジット、銀行系のローンと全てのローンは経験しています。

なお
なお

4台全てローンなの?

ひらめ
ひらめ

自動車は全てローンだし、バイクもローンだよ

僕の体感的にですが、現金一括で自動車を買う人は10人中3人くらいで半数以上の人はローンを組んでいるような気がします。

自動車ローンの種類と違い

最近、新車を購入する人の多くは『残クレ』と呼ばれる残価設定型クレジットで購入することが多いようです。ですが、中古車は残クレで購入することができません。

なので、多くの人はローンを組んで購入します。ですが、契約するローンによって年利が違います。各ローンの違いについて見ていきましょう。

ディーラー系のマイカーローン

中古車の場合、販売店独自でローンを用意しているところは多くありません。中古車屋さんと提携しているクレジット会社系から融資を受けるローンがほとんどです。

クレジット会社系ローンのメリット
  • 手続きが簡単
  • 審査の時間が短い
  • 審査がゆるい

中古車を購入するお店で手続きをすることができ、比較的審査が緩く、審査結果が出るまでの期間が短いので直ぐに融資をしてもらえます。ですが、デメリットもあります。

クレジット会社系ローンのデメリット
  • 年利が高い
  • 完済まで他人名義

クレジット会社系のローンは年利が6%位で比較的高めに設定されていることが多いです。さらにクレジット会社は担保に車両を抑えていることがほとんどです。つまり、完済するまでは自動車の名義はクレジット会社になります

なお
なお

買ったのに自分の車にならないの?

ひらめ
ひらめ

何も変わらないけどね

特に名義が他人でも使用する上では何も変わりません。

銀行系のマイカーローン

銀行系のマイカーローンは新車購入時しか使えないと思っている人が多いのですが、実は色々な用途で使えます。

  • 新車、中古車の購入
  • バイクの購入
  • 免許取得
  • 修理
  • カスタマイズ
  • 車検
  • 他のローンからの借り換え

新車や中古車などの車両購入費だけではなく、バイクの購入や免許取得、車検や修理など車の維持に必要なことならほとんどをカバーしています。年利も3%以下に設定されていることが多く、安く中古車を購入するなら、間違いなく銀行系のマイカーローンをおすすめします。

なお
なお

安いなら銀行系のマイカーローンの方が良いよね

ひらめ
ひらめ

ただ、デメリットもあるんだ

安く借りれるのが銀行系のマイカーローンの最大のメリットですが、デメリットもあります。

クレジット会社系ローンのデメリット
  • 手間がかかる
  • 審査が厳しい
  • 審査までの期間が長い

手間がかかるといっても、最近はネット上で申し込み、審査を受けられる銀行も増えてきました。

年利による返済額の違い

ちょっと年利について補足しておきます。総額260万円のローンを5年ボーナス払いなしでローンを組んだ場合、年利3%と6%で比べて見ます。

年利毎月の返済額利息返済総額
年利3%46,718円803,808円2,803,808円
年利6%50,265円1,015,900円3,015,900円

銀行系のマイカーローンの年利が3%とクレジット系のローンの年利6%を比べると返済総額では

3,015,900円ー2,803,808円=212,092円

の差が出てしまいます。

なお
なお

5年で20万円以上も違うって、車検2回分も違うってこと?

ひらめ
ひらめ

金利は気にしないと損をするんだよ

マイカーローンの申し込み方

銀行でのマイカーローンの手続きは、審査の時間は長いですがそれほど難しいものではありません。銀行によって多少違いますが、大体同じだと思います。インターネット経由で来店不要の契約ができる銀行・金融機関があるので、条件に合った銀行を探してみてください。

仮審査で必要な情報は、本人の住所、電話番号などの個人情報、勤め先の情報、借り入れ予定額です。そして、仮審査が通ると本審査へと進みます。

本審査時に必要な書類は以下の通り。

  • 身分証明書(運転免許証)
  • 保険証
  • 見積書もしくは注文書

インターネット経由での契約の場合は、各書類の写真を送ることで本審査を受けます。

本審査を通過すると銀行から中古車屋へ本人名義で直接振り込みしてくれます。

なお
なお

思ったより簡単じゃん!

ひらめ
ひらめ

この少しの手間で20万円もの差になるんだよ

まとめ

中古車を購入する場合は、数十万円から数百万円の費用が発生します。資金が足りない場合は、銀行系のマイカーローンを組むのがお得です。

銀行系のマイカーローンは、中古車購入時も借り入れ可能で、少しだけ手間がかかりますが年利が3%以下と低く、手数料も安いことが多いので支払い総額が大きく変わってきます。

車を購入した後も、車検、メンテナンス費、カスタマイズ費、ガソリン代など維持をするためにお金が必要です。中古車の購入費を少しでも抑え、他の費用に回した方が良いですよね。

自分の生活に見合ったマイカーローンを見つけ、楽しいカーライフをお楽しみください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました