マツダの本気! NAロードスターのレストアサービス

NAロードスター
スポンサーリンク

(マツダレストアサービス公式から引用)

どうも、ひらめ(@hirame_18)です。

NAロードスターのオーナーはもちろん知っていると思いますし、これからNAロードスターを手に入れたいと思う人も知っている人が多いと思いますが、今回は「マツダレストアサービス」を紹介しようと思います。

NAロードスター、ユーノスロードスターという世界に誇る日本の名車が新車さながらの姿へ蘇らせる貴重なサービスを2017年からメーカーであるマツダが行なっているのです。これって凄いことですよね。

なお
なお

へ〜。そうなんだ

ひらめ
ひらめ

待て待て。もっと感動するところだぞっ!

海外では古いクルマを修理しながら乗り続けることが当たり前なのですが、日本ではクルマは消耗品というか、買い替えをして乗り継ぐことが多く、実際に登録年数は13年くらい。つまり新車登録から廃車までのクルマの寿命は約13年なのです。そんな使い捨ての日本の自動車文化にメーカーであるマツダがアンチテーゼを投げかけたのです。それも高級車ではなく、安価で庶民的なNAロードスターというのが凄いのです。

NAロードスターレストアサービス

2017年12月に初代NAロードスターのレストアサービスを開始させ、同時に失われた純正パーツの復刻に取り組んでいます。NAロードスターに対するマツダの愛を感じてしまうのです。

ひらめ
ひらめ

こんなサービスをされるとますますNAロードスターが欲しくなる・・・

公式サイトから一文を紹介すると

マツダのNAロードスターレストアサービスは、ただ車を修理するのでありません。
「新しい命を吹き込み、息を吹き返らせ、そして輝かしい未来へ送り出す」
このような気持ちで1台1台と向き合います。

そして「以前にもまして本当に綺麗になったね」「生き生きとした表情になったね」と、
まるで愛しい家族や信頼する相棒にかけるような、
温かい感情をお客様と共有すること、それが私たちの歓びです。

お客様の最高の笑顔とともに、軽快に走り出すNAロードスターをお見送りすれば、
私たちの最後の仕上げ作業が完了します。

NAロードスターに対する愛が溢れていて、読んでいるだけで涙が出てきてしまいます。実際にレストアされたロードスターの写真が公式サイトに上がっているんですがマジ新車です。30年の時を超えてやってきた新車。ちょっとお高い値段設定ですが、新車が手に入るなら安いのかもしれない・・・なんて思ってしまいます。

サービスメニュー&プライス

庶民が簡単に頼めるプライスではありません。フルレストアをすると約500万円という目ん玉が飛び出るほど高額です。基本メニューでも250万円超で、中古のNAロードスターが買えてしまいます。というか、新車価格は170万円のクルマです。

ひらめ
ひらめ

高いのがネックだけど、頼みたいよね

レストアサービスに持ち込めるロードスターは、錆や修理がないこと、カスタマイズされておらず、ノーマルの状態であることが条件になっています。値段もそうですが、レストアして貰えるクルマもハードルが高そうです。

純正パーツの復刻に意味がある

僕がNAロードスターを購入しようと思い、その後押しをしているのが純正パーツの復刻なのです。実際に古いクルマを維持している友人に聞くとパーツを手に入れるために苦労をしているそうです。故障して交換パーツがないのは死活問題で、修理ができなくて誤魔化しながら運転しているなんてこともあるそうです。

運転に支障があるパーツの場合、高いお金を払ってワンオフで手作りをしてもらい修理することもあり、お金がいくらあっても足りないなんてことになってしまい、維持することが難しくなり手放す・・・。

ですが、NAロードスターはメーカーのマツダが純正パーツを復刻しているのです。30年も前のクルマをディーラーに持って行けば直せるということは凄いことです。ロードスターの場合、人気がある車種なので、ロードスター専門店のようなお店でもメンテナンスしてくれますが、マツダのディーラーで修理をしてくれるということは、全国どこでもNAロードスターの維持ができるということ。

なお
なお

確かに、凄いことだね

ひらめ
ひらめ

古いクルマを維持するためのハードルが下がったんだよ

なお
なお

他のクルマも始まるといいねっ!

高級車ではなく「NAロードスター」というのが凄い

NAロードスターみたいな安価なクルマを対象にしたサービスというのが凄いのです。ぶっちゃけた話、マツダも商売でやっているので儲かることを考えると本来であればFC/FDのRX-7から始めるべきだと思います。だって、RX-7に乗っている人の方がお金持ちだし、採算を取りやすい。

なお
なお

RX-7はカッコいいよね

ひらめ
ひらめ

高橋兄弟も喜ぶよ

その辺はマツダも考えていて、FC/FDのパーツも復刻し始めました。だけど、レストアサービスは今のところ立ち上がっていません。安価なNAロードスターから始めるというところにロードスターへの愛を感じます。

レストアサービスのメリットは大きい

マツダのレストアサービスは正直いって高くて、平凡なサラリーマンの僕がおいそれと申し込めるサービスではありません。ですが、中古でNAロードスターを購入しようと考えるとき、復刻パーツがあるというメリットは大きい。

そして、マツダのレストアサービスのような古いクルマを長く乗れるような取り組みは必要であって、ひとつのメーカーだけでなく日本の自動車産業全体に広がっていって欲しいと思います。よくよく考えるとクルマを10年ちょっとで買い換えるのって、非経済的ですよね。

長く乗りたいと思うようなクルマがあり、そのオーナーに答えようとするメーカーがいるなんて素晴らしい。NAロードスターは最高です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました