家事代行は贅沢ではない「家事をやれ!」と言われたときは家事代行を頼もう

男の家事

どうも、ひらめ(@hirame_18)です。

男性諸君!! 家事をやってる? 奥さんに任せっきりなんてことないですかっ!?

最近、テレビでも『家事ヤロウ』なんて番組もあるし「男は外で働き、女は家庭を守る」なんて昭和的な価値観を持っているなら、直ぐにでも改めてましょう。男性でも家事をする時代になりました

なお
なお

共働きが当たり前になった時代だからね

ひらめ
ひらめ

時代は変わった・・・

共働きで稼ぐことを余儀なくされ、男は働きお金さえ、家庭に入れれば安泰なんてことはありません。これからは共に働き、共に家事をするのが当たり前で、奥さんにだけ負担をかけるのは良くない。という風潮が広がってしまうと家事ができない男は『使えない男』とレッテルを貼られ、いつの間にかママ友の中では「アホな旦那」と認識され、何をやっても認めてもらえなくなってしまいます。

なお
なお

理由はともあれ、家事をやれっ!

ひらめ
ひらめ

家事代行を頼めばやらなくて良い

奥さんに「家事をやれ」と言われたときは、全力で家事代行の利用をすすめましょう。家事代行サービスは贅沢ではなく、家族の平和と安泰を守る必要経費なのです。これは決して、男性が家事をしたくないから家事代行を頼むのではなくて奥さんの家事の負担を減らすために家事代行サービスを利用するのです。夫婦円満、家族の平和を守るための家事代行です。

この記事では、家事代行サービスを利用することのメリット・デメリットを説明し、家事代行は贅沢ではない理由を解説します。

ひらめ
ひらめ

家事代行を頼べば家事はやらなくていいのだ

なお
なお

確かに家事代行サービスという選択肢もあるね

家事代行は贅沢なのか?

家事代行は贅沢なのでしょうか。家事を他人に任せることに罪悪感を感じる人も多いのですが、僕はそうは思いません。これは男性目線なので、女性目線から見ると「自分でやればタダなのに1時間3,000円も払うなんて贅沢だ」と思うのかもしれませんが、毎日ツラい思いをして、やらなければならないことに時間を奪われるなら、家事代行はありです。

共働きでお互いに忙しい上、家事という生産性の低く、時間がかかるタスクを他人に委託するというのはビジネスにおいて当たり前に話であって、その分、本人しかできないこと、生産性の高い作業を行うべき

ひらめ
ひらめ

アウトソーシングは当たり前なのだ

家事が趣味という特異な人、収納上手とか、掃除の天才なんて称号を得ている人たちは別として多くのワーママ、そして相方である旦那は家事は負担だと思っています。ですが、効率化を求める欧米では家事代行(家政婦)は当たり前に誰もが利用しているサービスだし、女性が家事をするという昭和的な古い価値観は、現代のライフスタイルとは大きなギャップがあります。

昭和的な価値観をアップデートしよう

家事代行サービスを使うのが贅沢だと思う理由は「家事は主婦がやるもの」とか「家政婦はお金持ちが頼むもの」という昭和的な古い価値観がアップデートできていないからなのです。時代は変わり、ライフスタイルも多様性が求められるようになりました。

昭和の時代と違って現代人はやることが増えたので、どうしても時間が足りない。牧歌的にのんびりと生活をしていた時代と足早に流れゆく時間に追われて生活をする現代ではライフスタイルも価値観も変えなければならなりません

本来は僕たち男性が、家事を手伝えば良いのですが僕たちにもやらなければならない趣味があり、家事などという生産性の低いタスクを貴重な時間を潰してまで行う必要性を感じません

ひらめ
ひらめ

共働き、お互いの趣味の時間を確保する必要があるのだ

そして、時間が大切なのは奥さんも一緒です。忙しい奥さんに家事を押し付けるのが問題なのであって誰も家事をしなくて良くなれば、問題はありません。オールクリアです。

お互いに家事をやりたくないから、家庭内での抗争が起きるわけで家事をアウトソーシングすれば解決します

家事代行が贅沢だと思われる理由を潰す

おそらく丸腰で奥さんに「家事代行サービスを頼もうぜっ!」なんて言っても、奥さんは「はぁ〜っ(怒)!?」と相手にもしてくれませんよね。それは家事代行サービスが贅沢だと思われているから

家事代行が贅沢だと思うのは以下のイメージが強いので、家事代行サービスを頼むことに二の足を踏んでしまう。実際はよくよく考えれば勘違いかもしれないのに、先入観が強く贅沢だと感じてしまっているのです。

  • 金額が高い
  • 金持ちが利用する
  • 家事は自分で行うもの
なお
なお

実際はどうなの?

ひらめ
ひらめ

まあ、ほぼほぼイメージ通りだよ

なお
なお

え〜。そうなの?!

家事代行サービスは金額が高い

家事代行サービスの相場は1時間約2,500〜4,000円です。週に2時間月4回の利用だと25,000〜30,000円位の費用がかかります。

なお
なお

思ったほど高くはないけど高いね

ひらめ
ひらめ

ただ相手はプロだっ!

週に2時間だけですが、家事代行はプロが家事を行ってくれるので、僕たちが半日や一日かかる作業を2時間で行ってくれるのです。例えば、トイレ掃除、お風呂掃除、キッチン周りの掃除、窓拭き、リビングの床拭きをたったの2時間で行ってくれます。

なお
なお

凄い・・・

ひらめ
ひらめ

早くて丁寧にしてくれるんだ

その間にゆっくり洗濯をすれば2時間でほぼほぼ家事が終わってしまうんです。2時間分の料金で毎週4〜8時間の時短になるのです。さらに、さすがプロと感じる仕上がりで奥さんも満足間違いなし。

今ならCasyでお試しプランが4,700円で体験できます。奥さんと相談して試してみてください。ニトリではないけど、お値段以上の価値を感じますよ。

\お試しプランはコチラから/

家事代行は金持ちが利用する贅沢

家事代行は金持ちが利用する贅沢というイメージがあるけど、あながち間違っていなくて正確にいうと『家事代行を利用する人たちが金持ちになれる』という方が近い。

そもそも金持ちになるためには優先順位を決めて、クリティカルなところに自分のチカラを『選択と集中』をする必要があるのですが、金持ちは家事はさっさとアウトソーシングし、趣味や自己啓発など自分磨きに先行投資をしています

なお
なお

家事代行で自分の時間を作るのか・・・

ひらめ
ひらめ

人生は何に時間を使うかが大切なんだよ

残念ながら家事代行が贅沢だと思っているうちは金持ちにはなれません。半日分の家事を週に2時間、5,000〜8,000円で完璧にやってもらい、毎週4〜8時間も自分磨きや子供たちとの触れ合う時間として使えるのです。例えば、月に10時間あれば資格取得の勉強だったり、副業をしてスキルを磨きながら家事代行費用を稼ぐことだったりができる

考え方を変えないと金持ちにはなれないし、考え方を変えれば金持ちになれる。

家事は自分で行うという考え方は古い

家事は自分で行うもの」で家事代行に頼むのは贅沢だと思うのも理解できるのです。というのも昭和〜平成は比較的時間があり、自分で行うことが当たり前でそんな価値観で生きてきたのだから、急に「やらなくても良んだ」なんて時代になって戸惑うのも分かります。

だけど「好きなことをしても良い」時代から「好きなことをしないと豊かになれない」へと時代は変わりました。その時代の流れに気づかず、家事に時間を割いていると好きなことをして豊かになっている人との格差は広がってしまいます。

家事は自分たちで行うというか、主婦が行うというのは昭和的な考えで、家事の負担を減らして自分たちの時間を確保したいというニーズが大きくなってきています。これだけ家事代行サービスを提供する会社が増えてきたのは、そんな時代の変化があるからなんです。

なお
なお

確かに家事代行って聞くようになってきたね

ひらめ
ひらめ

多くのニーズがあるから提供する会社が増えるんだよ

おそらく、家事の負担を減らしたいというニーズは膨らみ続け、アメリカや欧米、諸外国のように家事代行サービスは当たり前のインフラのようになってきます。老老介護の問題もあるし、家事代行は贅沢ではなく誰でも利用する社会になります。

お金より大切なのは時間

家事代行サービスは贅沢ではなく、家族の平和と安泰を守る必要経費。これは決して、男性が家事をしたくないから家事代行を頼むのではなく、奥さんの家事の負担を減らすために家事代行サービスを利用しましょう。夫婦円満、家族の平和を守るため必要な経費です。

家事代行を利用するのは『家族の時間を確保する』のが目的で『ラクをしたい』からではないのです。家族の時間を確保するための費用だと考えれば、月に数万円の出費は贅沢ではありません。

今ならCasyのお試しプランが4,700円で体験できます。急に価値観を変えるのは大変ですが、一度お試しをしてみて納得がいったら本契約をすれば良いのです。家事代行サービスを試してみましょう。

\家族の幸せな時間はコチラ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました