家事をしない旦那にイライラしている貴女へ

コラムという名の雑記

令和のこの時代になっても「家事は女性がするもんだ!」なんて考えてる男っているんですよね。小さい頃から、母親に何でもしてもらってたマザコ・・・おぼっちゃまなんじゃないでしょうか。

おそらく、やって貰うのが当たり前だと思っているんですよね。

私はあなたの母親ではありません!」と内心、思っていても我慢している・・・なんてことありませんか。

まお
まお

うん。あるっ!!

平日はともかく、休日に、こっちは家事をしているのに、我、関せずみたいな顔をしてスマホをいじっている姿を見るとイライラしますよね。でも、文句を言って雰囲気が悪くなるのも、めんどくさい。

ひらめ
ひらめ

ちょっと言い訳していい?

僕の意見ではなく、世の中の男性の気持ちを代弁すると、平日は朝から晩まで馬車馬のように働き、上司からは理不尽な仕事をふられ、使えない部下や後輩の尻拭い、さらに言うと生き残るために社内政治にも気を使っているのです。上司に嫌われないように、さらにハラスメントに気をつけながら部下に接していて精神的にも疲れているんだから、休日くらいはゆっくりさせてくれよ。と思っています。

まお
まお

そんなのは女性だって一緒だよ

あくまでも、僕の意見ではありません。世の中のお父さんの意見を代弁しているだけです。

家事はめんどくさい?

ちょっと男性目線で話を進めさせてもらいますね。ちなみに僕の意見ではありませんよ。僕の場合、休日は遊び狂うことにしていて、それを許可してもらうためにちゃんと対策を取っています。

ちなみに我が家では、奥さんの負担を減らすために家事代行を利用しています。経済的な負担は増えますが、これは必要経費です。家族の平和のため、僕が遊び狂う時間を確保するための固定費だと思っています。

すいません。話が逸れました。閑話休題かんわきゅうだい

男性が家事をしない理由は「めんどくさいから」だと思うじゃないですか。実は、それは口実で、男性の多くは、家事の仕方を知らないからやらないんです。

まお
まお

そんなことないでしょ?

ひらめ
ひらめ

いや、マジで・・・

もちろん「めんどくさい」と思ってます。でも、その根本にあるのは『やり方を知らないから』なんですよ。そして、知らないことをバレたくないから、めんどくさいと言っているんです。

男のこだわりを利用する

男なんてみんなガキくさくて、一度ハマるとトコトンやってしまうオタク気質なところがあるんですよ。筋トレだってそうだし、カメラ、ギター、クルマ、スポーツ観戦・・・興味を持ったことをバカみたいにこだわってしまう習性があります。

まお
まお

あるね・・・

その習性を利用するというのが、今回の提案です。

迷惑でしかないのですが、例えば『手打ちそば』にハマる男性が多いそうです。特に子供が独り立ちをし、夫婦二人になると急に本格的な『手打ちそば』を打ち始めるそうです。こだわる人は、石臼を買って蕎麦粉を挽くところから、もちろん、出汁も鰹節を削るところから始めるそうです。

他にも、ラーメンのスープを何時間もかけて仕込んだり、チャーシューも手作り・・・

「そこからやるの?」というこだわり

まお
まお

いや、それはめんどくさい・・・

ひらめ
ひらめ

贅沢を言うなっ!!

まずは掃除機を選ばせる

ぶっちゃけた話、男の料理は、めんどくさいんですね。作ってくれるのはありがたいのですが、間違いなく、後片付けはしません。散らかし放題、食べたら満足するのが男性です。

そこで、掃除です。掃除。

男性が掃除を進んでやるように刺激をするのは簡単です。

掃除機を選ばせる。以上。

まお
まお

何それ? ちょっと教えて

男性のメカ好き、スペック好きというアホみたいな習性を利用します。

「新しい掃除機を買おうと思うんだけど、どれがいいかな?」と相談をしてみてください。男心に火がつき、真剣にワット数は? 吸引力は? 形は・・・びっくりするくらい、真剣に掃除機選びをします。それはそれは、本当に楽しそうに・・・

ひらめ
ひらめ

納得する掃除機選びをさせてね

ここで重要なのは、旦那が選択した掃除機を否定しない。使いにくくても良いのです。反対に重くて吸引力がある掃除機だったらラッキーくらいに思ってください。

自由に掃除をさせる

そして、掃除機を手に入れたら、旦那に「ちょっと使ってみてよ、」と使わせてみる。そして、すかさず「やっぱり、選んでもらって良かった」と褒めてあげてください

褒められて嫌がる男はいません。もう、掃除機をかけることが楽しくなってきています

まお
まお

そんな単純なの?!

ひらめ
ひらめ

間違いないね

「いい掃除機だけど、ちょっと私には使いこなせないかな?」

追加の一言です。これだけで間違いなく掃除をしてくれるようになります。そして、掃除の手際が悪くても、口出しをしないでください

男性は「自分のやり方が正しい」と思いたい。そこには男としてのメンツ「俺にできないわけがない」があるのです。男のメンツを守ってあげてください

ひらめ
ひらめ

やってもらった方がらラクでしょ?

まとめ

男性が家事をしない理由は、めんどくさいからではなく、やり方が分からないからです。そして、やったときに文句を言われたりすると「メンツが潰された」と感じ、二度とやらなくなります

褒めておけばいい。そして、道具にこだわってあげれば、すすんで家事をしてくれるようになります

ひらめ
ひらめ

単純なんだよ

それでも家事をしない場合は、家事代行を考えてみてください。お互いに機嫌が悪くなるとか、一生懸命、旦那を誘導するのってめんどくさいですよね。だったら、我が家のように『家族の平和を守る必要経費』だと割り切っちゃった方が、健全ですよ。

1時間2,190円!業界最安値のCasyなら、簡単にお試しができますよね。我が家では週に一度、お掃除代行をお願いしています。家事代行サービス』は家族の平和を守る必要経費

インターネット上で24時間365日いつでも申し込みできる家事代行サービス「CaSy(カジー)」は本当に便利。お値段以上の価値を感じますよ。詳しくは公式サイトで確認してくださいね。

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

\詳細はコチラから/

コメント

タイトルとURLをコピーしました