中古車選びの走行距離の目安は何万キロ? 走行距離と値段の関係

カーライフ
スポンサーリンク

人生で一度しか新車に乗ったことがない、ひらめ(@hirame_18)です。

中古車選びで多くの人が気にするのは「年式」「事故歴」「走行距離」ですが、中でも分かりにくいのが走行距離ですよね

なお
なお

走行距離はどの位が普通なの?

ひらめ
ひらめ

走行距離は短ければ良い訳ではないんだ

年式は新しい方がいいし、事故歴はない方がいいのは単純で誰でも理解しやすいのですが、走行距離が長い方が、良いコンディションの場合があります

10万キロの車は避けろ」なんて言われていましたが、それはまだまだクルマの品質が悪かった頃の話で、現代のクルマは20万キロでも元気に走っているクルマもあるし、タクシーなどは40万キロ以上走行していることもあります。

この記事では、中古車の走行距離と相場の関係、あなたに合った中古車の選び方について解説します。

中古車の価格は年式、事故歴、走行距離でほぼ決まる

同じ車種のクルマであれば、中古車は年式、事故歴、走行距離で価格が決まります。特に最近はネットで日本中の中古車屋さんの価格が公開されているので、車種、年式、事故歴、そして走行距離が同じであれば、大きな値段差はありません

中古車を選ぶとき、欲しい車種、年式が決まり、比較をしていると走行距離の長短で価格に開きがあって、走行距離が長く安いクルマと高くても短いクルマで悩んでしまうことがあります。

ひらめ
ひらめ

走行距離と価格は関係しているんだ

中古車の走行距離は、どれくらいなら問題ないの?

走行距離で何が変わるの?

という疑問を解決していきます。

中古車選びで気になる走行距離

そもそも、自動車の走行距離はどのくらいが普通なのでしょうか?

走行距離の目安は「1年1万キロで、3年落ち(3年前の年式)のクルマであれば、3万キロが妥当で5年落ちなら5万キロ走っているクルマが普通なのです。

ひらめ
ひらめ

年間8,000〜10,000kmの車が普通なんです

3年落ちなのに5万キロ走っているクルマは過走行と言われ、中古車の価格がグッと下がりますし、反対に3年落ちなのに1万キロしか走ってないクルマはお得だと言われています。

走行距離が短いということは、使用頻度が低いということなので全体的にスレが少なく、きれいなクルマである確率が高くなるので、走行距離が短い中古車は人気があり、値段が高くなるのです。

ですが、極端に走行距離が短い中古車の場合は注意が必要です。

クルマは走ることを目的にした工業製品であり、あまりにも走ってないと調子を崩す原因にもなるのです。

中古車は年式と走行距離の関係で価格が決まる

中古車の場合、新車と違い同じコンディションであることがありません。そして、中古車の価格は手に入れたい人が多ければ高くなるし、誰も欲しがらなければ、安くしてでも買って貰おうとします。

そして、中古車を求める多くの人は、高年式(新しい年式)で走行距離ガス短いものを求めます。使い古したクルマより、あまり使われていないクルマの方が人気があり、値段に反映されるのです。

なお
なお

走行距離が短いと高くなるよね

ひらめ
ひらめ

走行距離の短さにこだわると高いクルマなのに故障するなんてこともあるんだ

なお
なお

えっ?そうなの?

同じ年式のクルマでも走行距離によって数万円の価格差になるのですが年1万キロ」の中古車が一番コストパフォーマンスが高く、おすすめの走行距離です。新車登録からの経過年数×1万キロの中古車は自動車メーカーが設定している条件で使われている確率が高く、大きなメンテナンス費はかかりません。

クルマ、特にエンジンや足回りのメンテナンスが必要になると数10万円があっという間に飛んでしまいます

もし、あなたが中古車を安く買い、維持したいと思うのであれば、高年式(新しい年式)で、平均的な走行距離のクルマを選んでください。そんなクルマが失敗する確率が一番低いのです。

走行距離が短いクルマは使用感が少ないことが多く、値段も高いのですが、実は極端に走行距離が短い中古車は、エンジンが冷えている状態で走り始め、温まる前に目的地に到着してエンジンを止めるという使い方をされているものが多いのでエンジンや角機構に大きな負担がかかっており、購入してからメンテナンスが必要になってしまいます。

なお
なお

高かったのにメンテナンス費がかかるなんて耐えられないね

ひらめ
ひらめ

中古車選びは難しいのだ

あまりにも走行距離が長い過走行のクルマは別ですが、年間走行距離が8,000〜1万キロのクルマを狙うのが一番良いコンディションのクルマを手に入れる確率が高いのです。

中古車の選び方で気にする走行距離は結局、何キロが正解?

中古車市場に出てくるクルマは車検のタイミングである3年落ち、5年落ちが多いのですが、3年落ちのクルマであれば2.4〜3万キロ、5年落ちなら4〜5万キロのクルマであればコンディションが良く、メンテナンスが必要ない確率が高くなります。

安く中古車を手に入れたい場合は、10年落ちのクルマを購入する場合があると思いますが、現代のクルマは10万キロでも元気に走っています。10年以上前のクルマは走行距離よりメンテナンス履歴の方が重要になってきます

10万kmを走行していても、エンジン周りの部品が交換されているなど、しっかりとメンテナンスをしているクルマは、問題がないことが多いです。ですが、実際にはメンテナンスをしているか、販売店も分からないことがあるので、簡単に手を出すことはやめた方が無難で、もし仮に前オーナーのメンテナンス履歴が残っていれば安心して購入できるのではないでしょうか。

自分に合った中古車は?

中古車選びは、買った後のメンテナンス費も考えて行う必要があります。安いクルマを選んで、購入後に多額なメンテナンス費がかかっては元も子もありません。

なお
なお

どうやって選べば良いか分からなくなってきた・・・

ひらめ
ひらめ

ちょっと例をあげて説明するよ

どんなクルマを選べば良いかのポイントを紹介します。

新しくキレイな中古車を買いたい

3年落ちのクルマで走行距離が3万キロ程度の中古車を選びましょう。高年式のクルマはスレが少ない確率が高く、新しいクルマを安く手に入れるチャンスです。

キレイで現行のモデルが欲しい場合は、ディーラー系の中古車屋で試乗車や展示車上がりを選択することをおすすめします。

バランスの良い中古車を買いたい

5年落ち、5万キロの中古車は価格とコンディションのバランスが良いクルマです。3年落ちのクルマに比べ、価格も落ち着いていますし、コンディションが悪い確率もそれほど高くありません。

5年落ち、5万キロの中古車であれば、ひとつ上のグレードのクルマも視野に入れられます。

とりあえず安い中古車が欲しい

日常の足として使用する中古車が欲しい場合、7年落ち7万キロから10年落ち10万キロの中古車を選びましょう。激安価格で購入できることもあるので購入費用を抑えることができます。ですが、そろそろ大きなメンテナンスが必要になる時期なので、しっかりとメンテナンスされ、部品が交換されているかを確認して購入しましょう。

また、この走行距離になるとリセールバリューは期待できません。乗り潰すつもりで数年後の乗り換え時は価値がないものと割り切って購入しましょう。

まとめ

中古車はそれぞれクルマごとに、利用されていた状況が異なります。つまり同じ状態のクルマはなく、一点ものです。

好きな車種、カラーも大切ですが、年式、事故歴、走行距離を加味して安すぎないクルマを選んでください。安すぎるクルマは、安い理由があり、結果、メンテナンス費、維持費に返ってくるのです。

中古車の走行距離は新車登録からの経過年数×1万キロなら過走行の心配はありません。走行距離が極端に短く値段の高い中古車より、平均的な走行距離でしっかりメンテナンスされているクルマが一番、コストパフォーマンスが良いのです。

クルマは新しい年式の方が性能も良く、中古車の場合は新しい年式の方がヨレも少なくコンディションが良い確率が高いです。

走行距離の長短よりもメンテナンス履歴を重視して中古車を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました