左利きに芸術家が多いと思われる理由

ラクに生きる方法

生まれてから一度も右手を信じたことがない、ひらめ(@hirame18jp)です。

「左利きなんだ素敵♡」なんて言われると、左利きで良かったと思います。女子から褒められると天にも昇る気持ちになります。

左利きというと「芸術家」というイメージがありますよね。

ひらめ
ひらめ

左利きが芸術的になるを考えた

まお
まお

変わり者ってことかもよ

器用ではない

よく「左利きは器用だっ!!」なんて言われますよね。だけど、全然、器用じゃないんです。

この世には右利きようの道具が多く、左利きは、道具を使いこなすまでは気の遠くなるような長く過酷な努力が必要です

道具って便利に何かをするために存在しているハズです。ですが、左利きからすると道具が便利になればなるほど、右利き仕様になってしまい使いにくくなっているのです。

まお
まお

そうなの?

ひらめ
ひらめ

マイノリティは排除されるのだ

最近は左利き用の道具というものが販売されていますが、ぶっちゃけた話、どこにでも置いているものを使えないと、左利きは左利き用の道具をいつも持ち歩く必要が出て来てしまう。

それって、結構なストレスで、どこにでもある右利き用の道具を使う方が合理的だったりします。

何が言いたいのかというと、左利き用の道具を使うより、右利き用の道具を使う方が圧倒的なパフォーマンスを発揮することができるような気がするのです。

そして、逆手の道具というのは、使いこなすまでかなりの努力が必要になります。

試しに、あなたが右利きだったら、左利き用のハサミを買って右手で使って欲しい。

いやー無理なんすよ。努力なしに右利き用の道具を使うのは・・・。なので、使いにくい道具を使いこなすまでは、かなりイライラするし、使いこなせるようになると妙にセクシーに見える。

決して左利きは器用ではない。生きるために必死になって努力をしているだけです。

左利きは芸術家?!

左利きってだけで子供のときは大変です。リコーダーもうまく押さえられないし、習字なんて地獄です。

加えて僕の場合、成長が遅かったので、何をやっても上手くできないし、身体も小さいから、いつも面倒見の良い女子のお世話になっていました。そして、その経験が今の僕を育てたと言っても過言ではありません。

ひらめ
ひらめ

女子が助けてくれるよ

まお
まお

助けません

人類が他人に何かを伝えるのは、言葉、映像、もしくは文章です。学生時代の成績は、文字を書くことで判定されます。算数も国語も社会も理科も英語だって答えは文字で書くことが多いですよね。

ですが、左利きは、右利き用に発展してきた文字のせいで、勉強が嫌いになる。文字を書くのが苦手すぎて勉強なんてしたくないと思ってしまうのです。

ひらめ
ひらめ

左利きにバカが多い理由だよ

まお
まお

左利きの人に謝れっつ!

ひらめ
ひらめ

ごめん・・・

左利きが戦える場所

その点、美術は良い。右利きも左利きもなく、同じ土俵に立てる。文字を書く必要はほとんどないし、頭の中で妄想することは得意だし、頭の中の考えを目の前のキャンパスに書き殴ればよい。

左利きに芸術家が多いという理由は、子供の時に絵を描くことでしか、褒められなかったからだと思う。

まお
まお

そんなことないでしょ?

ひらめ
ひらめ

少なくとも僕はそうだった・・・

左利きが右利きと戦える場所は、文字を書く科目ではなく、体育と美術しかないのです。絵を描く、工作、粘土細工など刃物を使うの芸術に賭けるしかない。

単純で普段はできない子供

ちょっと褒められると単純な子供は、得意だと勘違いをするのです。勉強ができない子供が学校で褒められると有頂天になり、ひたすら褒められるように努力をします。

まお
まお

褒めるって大事だよね

おそらく、褒めた側の先生は「(勉強はできないのに芸術的なことだけは、そこそこできるね。すごいよ」と底辺の成績の他の科目と比べ、美術だけはできると言っただけなのに、勘違いをして頑張る。

ひらめ
ひらめ

褒められる経験が少ないから勘違いをする

どれだけ頑張るかというと、国語、算数、理科、社会、英語、教科に関係なく絵を描き続けるようになります。

学校にいる間、ずっと落書きをしていると、段々と上手くなり、仲間や友達にも「すげ〜」とか言われるようになる。

そして、さらに技術を磨くようになる・・・

褒められ伸びる

人間は、誰かに認められたい、褒められたいと思い、褒められることで自信を持ち、自分の武器として磨いて行きます。

はじめは勘違いからでも、普段は褒められることのない左利きは、ひたすら芸術家として経験と知識を蓄え、類い稀なるセンスを身につけます。

つまり、生まれながらのセンスではなく、後天的に身につけたスキルなのです。

まお
まお

そうなのかな?

ひらめ
ひらめ

たぶんね・・・

左利きが芸術家になる理由

左利きが芸術、デザインに秀でている理由というのは、他の教科と違い、右利きとの差が少ないからです。

ひらめ
ひらめ

文字を書くというハンデがない

芸術とスポーツだけは、右利きとスタート時の差が少ない。なので、左利きは他のことより褒められる確率が高い芸術とかスポーツが自然と好きになる。

好きこそ物の上手なれ

結局、褒められるから好きになって、没頭するから才能が開花するのです。

もし、あなたが親になったときは、伸ばしたい能力を褒めて褒めて褒めちぎりましょう!

好きになれば、自然と努力をする様になります。間違いない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました