ラクに生きる方法

ラクに生きる方法

幸せになりたい? 豊かな暮らしを手に入れる方法

「豊かな暮らし」とは経済的余裕、時間的余裕、精神的余裕があり、好きな仲間と好きなことをして過ごす暮らしではないでしょうか。そのために必要な「お金の大切さ」について熱く語ります。
ラクに生きる方法

もし、左利きの特殊能力に世間が気づいたら『左利き狩り』が行われるだろう

僕の妄想の話。左利きは世の中で結構ハブかれています。そのうちマジで左利き狩りなんて行われるかもしれない。なんてね。最近、左利き用の道具も出てきたけど、やっぱり左利きって生きにくいんですよ。
ラクに生きる方法

「好きを仕事に」は最高だけど「嫌いじゃない仕事」で稼ごう

働き方が多様化してきた現代では「好きを仕事にする」のが理想だと言われますよね? ですが多くの人は好きなことで稼げていません。好きを仕事にと言われる理由と好きを仕事にする必要がない理由を解説します。
ラクに生きる方法

趣味とは自己肯定感と承認欲求を満たすためのものである

趣味がない男性はつまらない人間と認定されるらしいので真剣に趣味について考察をしてみました。趣味とは自己肯定感を高め、さらには承認欲求を満たし、自己の成長のために必要不可欠な行為なのです。
ラクに生きる方法

敷かれたレールを歩く人生は悪くない。自由を求める前に考えよう

敷かれたレールを歩く人生に不安や不満があり、自由を求めレールを降りる前にしっかりと考えて欲しい。君の理想とする人生は何だね? そのレールの先にある人生が理想の人生なら目的地まではレールの上を歩き、ついてから好きなことをする方が効率的だぜ。
ラクに生きる方法

沈黙は金と言うならば僕は金はいらない。沈黙が怖い

僕は会話中の沈黙が怖い。会話が苦手と言う訳ではないけど会話中の沈黙と言うか間が気まずい。寡黙な男に憧れるけど沈黙に耐えられず、ペラペラとお喋りをしてしまい「なんであんなことを話したんだろう」と自己嫌悪に陥ります。沈黙って怖いよね?
ラクに生きる方法

空気が読めない人へ。大丈夫、僕も空気を読む気がない

いつの間にか、空気を読まないと白い目で見られるような世の中になってきた。と言うか、ずっと昔から、そうだったのかもしれない。だけど、僕が育った昭和の終わり、平成の初め頃までは、空気を読まなくても、周りに人が集まってくれてたんだよなあ。
ラクに生きる方法

「家事をやれ」と言われてもできない男性へ。家事をやらずに褒められる唯一の方法

家事代行が贅沢な気がするのは、家事をする負担を知らない男性の考えであり、働きながら家事をこなすワーママの強さを知ると全然贅沢ではないのです。家事代行を上手く利用し、奥さんを家事の負担から解放し点数稼ぎをしましょう。
ラクに生きる方法

「左利きは天才だ」というのは偏見で大きなプレッシャー。左利きの憂鬱

僕は世界で一番有名で身近なマイノリティの左利きです。左利きが天才だとか芸術肌だと言われますが全然普通。普通に生きています。人口の10%は左利きと言われていますが、そんな左利きのツラさを知ってください。そして大きな愛で包んでください。
ラクに生きる方法

自己中だけが勝者になれる理由。エゴイスト(利己主義者)になれっ!

自己中心的な考え方は悪い? 自己中心的に自分の利益や欲求の充足を優先し、そのせいで他人や社会に迷惑を及ぼすことは悪い?誰でもエゴが通せる世の中が幸せな世の中なのです。エゴイストにならなければ勝てない。
タイトルとURLをコピーしました