ライトウェイトスポーツカーの傑作! 日本が誇る『ユーノスロードスター』

NAロードスター
スポンサーリンク

どうも、ひらめ(@hirame_18)です。

愛してやまない『ユーノスロードスター』通称、NAロードスターじゃなきゃダメなんです。この世には、たくさんの車があり、車を持つ理由もたくさんある。だけど、一度、ロードスターに乗ると他の車が色褪せて感じてしまう。

ひらめ
ひらめ

ユーノスロードスターは最高だよっ!

古くて、小さくて、うるさくて、全然快適じゃないし、速くもなくて、安全機能や自動運転なんていう高度な技術も搭載されていません。快適に移動したいと考えるなら、現代の車の方が100倍快適で環境にも良いし経済的です。さらに、僕の愛車はマニュアル車だし、エアコンも故障しているし、最大2人しか乗れないし、オープンカーで目立つし、面倒くさいことだらけです。

なお
なお

新しい快適なクルマの方がよくない?

ひらめ
ひらめ

快適じゃないから楽しいんだよ

でも、ロードスターじゃなきゃダメなんだ

世界的にはEV、電気自動車へとシフトをしている令和の現代だからこそ、30年前のユーノスロードスターに乗るのムダがカッコ良いのです。

ロードスターは、令和時代でも発売されていて、最新の4代目(ND)ロードスターは、妖艶でグラマラスで完璧なプロポーションを持っているし、快適な装備も充実しています。だけど、みんなが効率化を求め、楽しむことを忘れた今だからこそ、快適ではないロードスターで楽しむ余裕が必要なんだ。

昭和から平成に移り変わった1989年。今では懐かしく、世の中が明るく、輝いていて全ての日本人が浮かれていたバブル終焉前夜、華々しくデビューしたユーノスロードスター。当時、日本のスポーツカーはパワーウォーズ真っ只中で、ハイパワーがもてはやされ、パワーがない車は、スポーツカーじゃないと言われていた時代です。そんな時代にパワーもなく、小さくて可愛いロードスターは生まれ、30年経った現代でも愛されているのです。

令和の現代だって、ロードスターで幌を開けっ広げにして街を走っていれば、歩いている子供たちは指を差し、笑顔になってくれるのです。ユーノスロードスターは、みんなを幸せにしてくれる車なのです。

パワー戦争時代に生まれたライトウェイトスポーツカー

今でこそ、300馬力や400馬力を超えるスポーツカーが当たり前のように販売されていますが、1980年代〜1990年代、バブル全盛期はスポーツカーの全盛期で、速さと豪華さを兼ね備えた車が求められていました。

ひらめ
ひらめ

日本が元気だった頃の話です

DOHCエンジン、ターボエンジン、ロータリーエンジン、フルタイム4WDを搭載したスポーツカーが車好きの憧れでした。よりパワフルで、より早く、よりゴージャスな車がもてはやされていました。

当時を知る人であれば、スカイラインGT-R(R32)の登場に衝撃を受けた記憶があるのではないでしょうか。280馬力の2.6L直列6気筒ツインターボエンジン、後輪が滑った分だけ前輪に駆動力が伝わる4WDシステムや4WSなど、先進的な機構が満載された「究極のスポーツカーだ」と誰もが思ったはずです。

より大きく、より高出力へ

当時のスポーツカーはより大きなエンジンを積み、そのハイパワーでより速く走ることが正義でした。首都高でも、峠でもアホみたいなスピードで走るクルマがたくさんいたし、当時の男子はそんなスポーツカーに憧れを持ち、漫画やゲームの中でハイパワーの車に出会い、さらに車好きになっていったのです。

そんな化け物のようなスカイライン(R32)と同じ、1989年にデビューしたユーノスロードスターは、誰もが売れるとは思いませんでした。少なくとも僕は小さくてパワーがなく、デザインだけのナンパ車でスポーツカーではないと思っていました。

なお
なお

ユーノスロードスター・・・。なんか可哀想・・・

ひらめ
ひらめ

そんな時代だったんだよ・・・

当時のスポーツカーは、ハイパワーを電子制御し、4輪に伝え、速く走るという方向性で開発がされており、それが真っ当なクルマとしての進化でした。他のクルマの進化とは全く異なり、軽量のボディを意のままに操るという「運転の楽しさ」を追求し『人馬一体』をコンセプトに開発された車がロードスターでした。

2シーターオープンのライトウェイトスポーツカーであるユーノスロードスターは爆発的な人気になり、他の自動車メーカーに影響を与えました。

ライトウェイトスポーツカーの復活

ライトウェイトスポーツカーとは1960年代のイギリスを発祥とするスポーツカーで、速さを求める訳ではなく運転が楽しい」クルマとして意のままに操れるハンドリングを目指したスポーツカーです。

ひらめ
ひらめ

非力でもハンドリングが楽しいクルマは楽しいよ

クネクネとしたワインディングロードを小さくて軽い車と一体になりながら走る楽しみを味わう。速く走ることより、楽しく走ることが、ライトウェイトスポーツカーの目的なのです。

しかし、1980年頃になるとそんなライトウェイトスポーツカーの人気も下火になってしまいます。さらにオイルショックも追い風になり、車の開発キーワードから「運転が楽しい」は消え、コストカット、燃費を追求するようになり、一部のスポーツカーを除き、クルマは単なる移動手段のひとつとして開発、発売されるのです。

なお
なお

『運転を楽しむ』なんて考えたことがないのが普通だもんね

ひらめ
ひらめ

今でも一部の人はクルマを楽しんでいるよ

そんな中、彗星の如く現れたのが『ユーノスロードスター』でした。オープン2シーターのFR、ライトウェイトスポーツカーとして「人馬一体」をキーワードに開発されたユーノスロードスターは、一度絶滅したライトウェイトスポーツカーを復活させたのです。

当時のスポーツカーはパワーウォーズでどんどんと大きな排気量でパワーがある車に進化をしていました。比例して値段も上がってしまい、学生や庶民が手に入れることのが難しくなりました。

そんな背景もあり、ロードスターは比較的安く、運転が楽しいライトウェイトスポーツカーとして多くの人に受け入れられたのです。

令和の今だからこそ、ユーノスロードスター

発売開始から30年以上経った令和時代になっても、ユーノスロードスターは色褪せません

ロードスターは『人馬一体』のライトウェイトスポーツカーとして進化し、脈々と進歩をとげ、4代目のNDロードスターに引き継がれています。ですが、令和の現代でも、初代のユーノスロードスターでなければ、ロードスターではないと思うのです。

とは言え、約30年前のクルマなので、完璧なコンディションである訳もなく、どこかしら調子が悪いのです。パワーウィンドウが開かなかったり、エアコンが効かなかったり、雨漏りをしたり、樹脂パーツがカピカピになっていたり、細かいことを言ったらキリがありません。

ですが、運転が楽しいクルマがない令和の現代だからこそ、快適性とは無縁で、電子制御も最低限で、単純に走ることが楽しいだけのユーノスロードスターで良いのです。余計な機能がなく、ただただ走ることに特化したクルマ。屋根を開ければ、そこには夢が広がっているのです。安全機能がなくたって、エアコンが効かなくても良いのです。小さくて、低くて、今時の軽自動車からも見下ろされても良い。

ひらめ
ひらめ

今がロードスターを楽しむ最後のチャンスなんだ

万人に勧められるクルマではありませんが、ユーノスロードスター、オープンカー、ライトウェイトスポーツカーはハマるとやめられなくなります

ユーノスロードスターは、徐々に値上がり傾向にありますが、まだまだ中古車で手に入ります。ユーノスロードスターを買うなら今が最後のタイミングなのではないでしょうか。

NA6CE主要諸元

価格 170万円

全長×全幅×全高:3970×1675×1235mm
ホイールベース:2265mm
重量:960kg
エンジン型式・種類:B6・直4 DOHC
排気量:1597cc
最高出力:120ps/6500rpm
最大トルク:14.0kgm/5500rpm
トランスミッション:5速MT、4速AT
タイヤサイズ:185/60R14

コメント

タイトルとURLをコピーしました